だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

ファロットの休日/茅田砂胡

◆読んだ本◆
・書名:ファロットの休日
・著者:茅田砂胡
・定価:900円
・出版社:中央公論新社C★NONELS
・発行日:2010/7/30

◆おすすめ度◆
・殺しのプロの優しさ度:★★★
・殺しのプロの美学度:★★★
・殺しのプロの矜持度:★★★

◆感想◆
「レティシアの場合」とヴァンツァーの場合」の中編2本立て。
殺しのプロである主人公が、知り合い?を危機から救うという物語。
金銀天使や海賊は登場しないバージョンです。

前作「オディールの騎士」の後書きで「久しぶりに漢字の名前の話しを書いてみようかと云々」というのは現在進行中で、11月にはお披露目されるよう。
ちょっと楽しみ。

でも「クラッシュ・ブレイズ」シリーズも終わらないみたいで(別のシリーズに登場人物が引越しする?)、それはそれで楽しみ。

ファロットの休日―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア)
ファロットの休日―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア)茅田 砂胡 鈴木 理華

おすすめ平均
stars実は・・・
starsこれにて終幕。ああ、おもしろかった。
stars一般人のお友達作り
starsすばらしかった^^
stars充実した完結編

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「レティシアの場合」に「イアン・バンクス」という名前の人物が登場する。どっかで聞いたことあるなあ?
007シリーズの作者、それはイアン・フレミングだ。
水泳選手の、それはイアン・ソープだ。

グーグルに訊くと「蜂工場」の著者だって。
おお、そうだそうだ、「蜂工場」!
でも「蜂工場」ってどんな小説だっけかなあ。
読んだはずなのに、一個も覚えてない。

忘れてたことを思い出しても、その先も忘れているという「ど忘れスパイラル」。
怖いですね。

◆他サイトの感想◆
booklines.net
迷宮ぐるぐる日記
ラノベ365日

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/339-4a184975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad