だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

あんじゅう 三島屋変調百物語事続/宮部みゆき

◆読んだ本◆
・書名:あんじゅう 三島屋変調百物語事続
・著者:宮部みゆき
・定価:1,800円
・出版社:中央公論新社
・発行日:2010/7/25

◆おすすめ度◆
・宮部流百物語は優し過ぎる度:★★★★★
・日本昔ばなし度:★★★★★
・幽霊の概念を覆す度:★★★★

◆感想◆
不思議な話しを聴き集めている三島屋の行儀見習いのおちか。彼女のもとに集まった、にわかには信じがたい物語とは・・・

おそろし」に続く宮部みゆき流百物語。
物語の背景といい、登場人物といい、構成といい、文句なしの不思議物語。
登場人物がいい人過ぎたり、少年たちが微笑ましすぎたり、人を思いやる心にあつくなったりと出来過ぎのきらいはあるが、これが宮部みゆきなんだな。
もう揺るぎようがないスタイルを確立しちゃって、そう言う意味では完璧。

巻頭の「逃げ水」なんて、正式に日本昔ばなしに登録(登録するものなのか?)してもいいくらいだし、「薮から千本」の生きている人の怖さとお勝さんの描き方の巧さはさすがだし、「くろすけ」に登場する妖物のかわいらしさときたら!

おまけに主役のおちかのほのかな恋模様までサービスされたら、次作も心待ちにするしかない。
宮部みゆき、本当にお上手。

あんじゅう―三島屋変調百物語事続
あんじゅう―三島屋変調百物語事続宮部 みゆき

おすすめ平均
stars最近で一番、、
starsおちかを応援する様々なキャラクターが登場
starsこれぞ宮部みゆき!
stars至福の時
stars待ちに待っていました。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

おそろし」では建物に取り憑く邪悪な存在が、「シャイニング」ぽい感じだった。
本書の「くろすけ」にも同類の妖物が登場するんだが、これがもうアンチ・シャイニングみたいな。
妖物っていったて、怖く恐ろしいモノばかりじゃないのよ、みたいな。
著者らしい切り口だよね。

シャイニング〈上〉 (文春文庫)
シャイニング〈上〉 (文春文庫)スティーヴン キング Stephen King

おすすめ平均
stars小説か?映画か?
starsジャックの印象が180度変わる キング氏のとんでもない作家力を見せつけられる
stars長い伏線の上巻
starsモダンホラーの最高傑作 -上巻は伏線の巻-
starsこの人が初めに受けた頃

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
シャイニング〈下〉 (文春文庫)
シャイニング〈下〉 (文春文庫)スティーヴン キング Stephen King

おすすめ平均
stars小説か?映画か?
starsジャックの印象が180度変わる キング氏のとんでもない作家力を見せつけられる
stars長い伏線の上巻
starsモダンホラーの最高傑作 -上巻は伏線の巻-
starsこの人が初めに受けた頃

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/338-fdbaf8ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad