だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

影法師/百田尚樹

◆読んだ本◆
・書名:影法師
・著者:百田尚樹
・定価:1,600円
・出版社:講談社
・発行日:2010/5/20

◆おすすめ度◆
・青春と友情の時代小説度:★★★★
・刎頸の契り度:★★★★★
・百田尚樹は無条件購入度:★★★★★

◆感想◆
文武両道で奢るところのない磯貝彦四郎。彼を人生の目標としてきた戸田勘一。幼い頃からともに学び育った二人だが、それぞれの人生は大きく変わって行く・・・

あんまり時代小説は得意なジャンルではないんだが、そんなことはおかまいなしに面白すぎる「影法師」。
百田尚樹、絶好調だ。

剣道の上覧試合の緊迫したスリリングなシーン。
武士という身分の中のいわれなき差別。
地方都市を豊かな国にしたいと願う夢。
顔を見るのも恥ずかしく感じるような淡い恋。

江戸時代の地方都市を舞台にした青春ドラマで、それだけでも面白く読めるんだが、この小説のキモは「刎頸の契り」
彦四郎と勘一が、互いの友情の証しとして交わす「刎頸の契り」。
それが物語のすべての背景となり、ラストの感動的な展開につながる。
もう男泣きするっきゃない設定だ。

やや駆け足の物語になってるのが惜しい。
この倍の長さにして細部を書き込んだら、もっと面白くなったろう。

影法師
影法師百田 尚樹

おすすめ平均
stars藤沢周平「風の果て」
stars泣けた~
stars本当にこの作家は・・・。
starsこういう男は今日本にいるのだろうか?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
bk1で詳しく見る

「刎頸の交わり」「刎頸の友」とは、「その友のためなら、たとえ首を切られても悔いないくらいの親しい交際」のこと。
武士である彦四郎と勘一は、僅かに抜いた刀の刃を互いに合わせて、契りを交わす。
こういう友情ものって、ちょっと間違うとひどく陳腐になってしまう。
陳腐ならまだしも、エロチックになるとややこしい。

◆関連記事◆
影法師/火群のごとく/本よみうり堂
百田尚樹 『影法師』/☆勝手気ままな日々☆
影法師(百田尚樹)/ひろの東本西走!?
影法師/百田尚樹/しょ~との ほそボソッ…日記…
作家の読書道 第107回:百田尚樹さん/WEB本の雑誌

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/332-5f72f0e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad