だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

死ねばいいのに/京極夏彦

◆読んだ本◆
・書名:死ねばいいのに
・著者:京極夏彦
・定価:1,700円
・出版社:講談社
・発行日:2010/5/15

◆おすすめ度◆
・暴かれる人間の本性度:★★★★★
・健也は善人なのか?度:★★★★
・亜佐美は幸せなのか?度:★★★★

◆感想◆
世間知らずで口のきき方も知らない青年・渡来健也。殺された知人・鹿島亜佐美のことを知りたくなって、彼女の関係者に会いに行くが・・・

亜佐美の会社の上司、マンションの隣人、母親等々に会いに行き、亜佐美がどんな女性だったのか訊こうとする健也だが、そこには自分の不平不満や鬱憤を吐露する人ばかりがいる。

合計5人の関係者に健也は会うのだが、いずれもはじめは健也の非常識で世間知らずで粗野な口のききかたに嫌悪感・優越感・苛立ちめいた感情を持つが、しだいに話すうちに健也の飾らない思考に打ちのめされていく。

ああ、なんか京極夏彦は純文学の世界に踏み込んでいるなあ。

虚飾を排すると浮き上がる人間のエゴと醜いプライド。
小賢しく小狡く、自分の都合のいいように物事をねじ曲げてしまう人々。

世間知らずで口のきき方も知らない青年・渡来健也を、枠に嵌った常識やありきたりのモラルに縛られない存在とすることで、亜佐美の関係者(上司とか隣人とか母親とか)のエゴを浮き彫りにして行く。

ドストエフスキーにインスパイアされているようなテーマで、小暮写眞館の逆をいくような登場人物で、映画・羅生門のように面白い。

健也の台詞にカタルシスを覚えるが、うかうかしていると「死ねばいいのに」と言う立場から「死ねばいいのに」と言われる立場になっちゃうから、善く生きないとあかんなあ。

死ねばいいのに
死ねばいいのに
おすすめ平均
starsちょっとガッカリちゃん
starsタイトルにだまされるな

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
bk1で詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る

宮部みゆきの「小暮写眞館」と京極夏彦の「死ねばいいのに」。
同じ出版社で同じ日に発行されてるし、方や人間の良いとこ取りのような登場人物たち、方や人間の汚らしいとこばかりの登場人物たち。

宮部みゆきと京極夏彦の連係プレイ?
大沢オフィスだし。

◆関連記事◆
死ねばいいのに 京極夏彦/棒日記VII -Life without art is stupid-
死ねばいいのに / 京極 夏彦/ミステリっぽい本とプログレっぽい音樂
「死ねばいいのに」@京極夏彦/ぼけぼけにっき
『死ねばいいのに』/京極夏彦/蒼のほとりで書に溺れ。
死ねばいいのに(京極夏彦)/黒夜行
小暮写眞館/宮部みゆき/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

御無沙汰してます。

たちばな屋でございます。
お恥ずかしいことに、私のブログにリンクを貼っていただいてることに気づいておりませんでした・・・
遅くなりましたが、こちらでも貼らせていただきましたので、よろしくお願いいたします。
(本日は、「伽羅の橋」読書中です)

  • 2010/05/24(月) 10:19:37 |
  • URL |
  • たちばな ますみ #-
  • [ 編集]

Re: 御無沙汰してます。

ご丁寧にありがとうございます。
いささか勝手にリンクさせて頂いておりますので、お気になさらぬよう。

これからもご贔屓に

  • 2010/05/24(月) 12:45:05 |
  • URL |
  • だな6号 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/329-c11d6c46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad