だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

モンスター/百田尚樹

◆読んだ本◆
・書名:モンスター
・著者:百田尚樹
・定価:1,500円
・出版社:幻冬舍
・発行日:2010/3/25

◆おすすめ度◆
・変則的恋愛小説度:★★
・醜い女性の葛藤・復讐・変容度:★★★
・美容整形のやりかたと効果度:★★★★

◆感想◆
周囲から「バケモノ」とあだ名され、いじめられた和子。醜い顔ゆえに友人も恋人もできないまま育った和子は、ある決心をする・・・

想像を絶する(という設定の)ブスな女性が主人公。 辛く悲しい生活を送った生まれ故郷を抜け出し、美容整形を決心するまでの過程と、とてつもない美人になって故郷に戻り、かつて自分をいじめ蔑んだ人々を見返してやろうとする過程とが交互に展開。
はじめは復讐譚かと思ったが、予想とは違う方向に。

ちょっと主人公の行動や心理が男目線すぎるような気もするし(これを読んで女性は共感したりするのだろうか?)、ミステリーやホラーな味付けが欲しいところだが(著者はそうゆうタイプの小説を書く作家じゃないのね)、主人公 の和子が美容整形に懸ける覚悟と執念はスゴい。
目の整形からはじまって、ドンドンエスカレートしていく展開は、鬼気迫るものがある。

美容整形に関する蘊蓄も面白い。
目頭を切開するとパッチリ眼になるとか、鼻と唇と顎が一直線に並ぶエステティックラインとか、口角があがっているか下がっているかや目と眉の間隔で知性や優しさをも演出することができるとか。
本編よりこっちの方が面白いぞ。
テレビに出演する綺麗なタレントを見ると、目頭切開法をしているのかどうか注視してしまうようになった。

はては女性の大事な部分を整形するということまで・・・
気になる女性は気になるのね。
ま、男も同じか。

話しは横道にそれたけど、そんな風に(どんな風だ?)して絶世の美人になるまでとなった後の、せつな悲しい女性のお話。


平均顔
平均美人説/ウィキペディア

顔のパーツや配置が平均値の女性が美人なんだそう。
見慣れてるってことか。

◆関連記事◆
『モンスター』 百田 尚樹 [読んだ本]/物欲の日々
モンスター@百田尚樹/読 者 生 活
「モンスター」百田尚樹/図書館で本を借りよう!~小説・物語~

モンスター
モンスター
おすすめ平均
stars私は戦って美しさを手に入れた。だから、私は美の価値を知っている。(内容に触れてます)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
bk1で詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コレ、

積んでありますe-147
著者の作品は、
本作がはじめてです。

・・・ただ、
ミステリーでもホラーでもないとはv-361
あらすじだけみると、
“ミステリー”よりだと思ってたので、
期待度減・・・なのですが、
さていかがでしょう!

  • 2010/04/05(月) 02:00:41 |
  • URL |
  • ぽぽ♪ #-
  • [ 編集]

Re: コレ、

こんばんは、ぽぽ♪ さん。

ミステリーっぽい感じですよ。
ある意味ホラーよりこわいかも!です。

  • 2010/04/05(月) 19:34:48 |
  • URL |
  • だな6号 #-
  • [ 編集]

はじめまして、おじゃまいたしますv-410
読んだことのない作家さんの本ですが、
とってもおもしろそうですね。ぜひ読んでみたいと思いますv-353

  • 2010/04/05(月) 21:10:30 |
  • URL |
  • 樹里 #-
  • [ 編集]

Re: はじめまして

樹里さんはじめまして。

百田尚樹は放送作家出身みたいで、読者の心をつかむのはなかなか上手ですね。
青春小説の「ボックス」も面白かったですよ。


  • 2010/04/06(火) 20:08:47 |
  • URL |
  • だな6号 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/320-7a1fe0bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad