だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

数えずの井戸/京極夏彦

◆読んだ本◆
・書名:数えずの井戸
・著者:京極夏彦
・定価:2,000円
・出版社:中央公論新社
・発行日:2010/1/25

◆おすすめ度◆
・京極版「皿屋敷」度:★★★★★
・登場人物の見事な描写度:★★★★★
・細かい作り込みがいちいち面白い度:★★★★★

◆感想◆
京極版の怪談「皿屋敷」。
本家の「皿屋敷」は噂程度にしか内容をしらないけれど、京極版の皿屋敷「数えずの井戸」は、登場人物がちょっとずつ精神を病んでいるような描写にゾクゾクするような物語。

人の心の中にある、ちょっとした強迫観念やわずかな狂気。それを抽出して増殖させて人型に成形して命を吹き込む。
どこかにいるようでどこにもいそうにない、それでいてリアルな人物。
非現実的だけど、感情移入してしまいような性格を浮かび上がらせておき、ストンと物語世界に落とし込む。
なんでこんなに納得してしまうんだろう。
自分がいろんな強迫観念にとらわれているのか?

それぞれ特徴的な強迫症状を呈しながら、しだいに絡み合う人物と物語。
探し求める「皿」を契機に、強迫観念は狂気的行動に爆発する。
唯一救いとなるお菊の無垢さが、美しいがゆえにはかない。

1001281439.jpg
姫谷焼絵皿

文章、構成、装丁など、「幽談」や「厭な小説」に繋がるような完成度の高さ。
物語の内容だけでなく、「本」という形あるものに完璧さを求める著者のこだわり(章の書き出し、表紙とカバーなど)がいちいち面白い。
著者のこの「こだわり」は強迫観念に近いものがあるぞ。

数えずの井戸
数えずの井戸
おすすめ平均
stars真実は凡て井戸の闇
stars数えずの思惑と人間模様
stars好きです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
bk1で詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る

◆関連記事◆
数えずの井戸 特設ページ/中央公論新社
数えずの井戸 / 京極夏彦/uruyaの日記
京極夏彦『数えずの井戸』/ひとりごと
数えずの井戸 京極夏彦 中央公論新社/ミユウのいろいろ日記
『数えずの井戸』/京極夏彦/蒼のほとりで書に溺れ。
幽談/京極夏彦/サイト内
厭な小説/京極夏彦/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

だなさん、こんばんは!
「ひなたでゆるり」のリサです。
先日はコメントをありがとうございました。
こちらからもリンクさせていただきました(DrecomRSSに登録いたしました)。
これからもどうぞよろしくお願いいたします(*^-^*)

京極さんの『数えずの井戸』、気になっています。だなさんの感想を拝見してますます読みたい気持ちが高まりました。近々読めたらいいな、と思います。
それではまた遊びにまいります。

  • 2010/02/12(金) 01:26:12 |
  • URL |
  • リサ #yl2HcnkM
  • [ 編集]

Re: タイトルなし

リサさんこんばんわ!
コメントありがとうございます。
またリンクもしていただき、感謝です!
これからもよろしくお願いします。

  • 2010/02/12(金) 20:26:02 |
  • URL |
  • だな6号 #-
  • [ 編集]

初めまして☆

すごいわかりやすいレビューですね、京極さんの小説は大好きなんでやっぱりこれも読んでみようと思います。
今は厭な小説を読んでいるところで中々終わらないです(笑)
またお邪魔します☆

  • 2010/02/16(火) 11:17:59 |
  • URL |
  • あっきみゅ #-
  • [ 編集]

Re: 初めまして☆

あっきみゅさん、はじめまして!

京極夏彦は、けっこう癖がある作家ですよね。
でもその癖にハマると、ドンドン深入りして!

また遊びに来てください!

  • 2010/02/17(水) 11:37:04 |
  • URL |
  • だな6号 #-
  • [ 編集]

装丁、気になりますね。

京極本は毎度、装丁を見るのも楽しみにしています。
『鵺の碑』は、まだ出版されていませんよね。楽しみですね。

Re: 装丁、気になりますね。

『鵺の碑』、初耳ですっ!
いつ出版されるんですか?
難読漢字の題名からすると、京極堂等の登場するシリーズですか。
楽しみですね!

  • 2010/07/14(水) 12:48:19 |
  • URL |
  • だな6号 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/307-860b385f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad