だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

スットコランド日記/宮田珠己

◆読んだ本◆
・書名:スットコランド日記
・著者:宮田珠己
・定価:1,600円
・出版社:本の雑誌社
・発行日:2009/8/5

◆おすすめ度◆
・脱力系日記度:★★★★
・寝る前に読む本度:★★★★★
・どことなく安心できる度:★★★

◆感想◆
旅行エッセイスト宮田珠己の脱力系日記。

寝る前に読む本の選定は難しい。
つまらないと読む気にならず、本を手にしたままつらつらと悩み事が浮かんできては考え込んでしまい、翌日寝不足になったりする。
面白すぎると寝るのを忘れて読んでしまい、翌日寝不足になってしまう。
つまらなくもなく、かといってものすごく面白い訳でもない本が寝る前本にはベストだ。

本書は語り口やテーマがユニークなエッセイスト宮田珠己の、ごく普通の日常生活を綴った日記。
これが寝る前本にはもってこいのちょい面白本!

ごく普通の日記といってもユニークな著者の筆にかかるとそこここでクスクス笑いを禁じ得ず、また大笑いしながら凧揚げする娘とか、著者の性格を鋭く指摘する楽天的な奥さんとか、グラフマニアな著者のこととかが分かっちゃう仕 組み。
分かっても特別いいことないんだけど、シリアスなんだかとぼけてるんだか、宮田珠己の暢気な演出がステキなエッセイだ。

唐突な終わり方や、著者近影の写真にもグッとくる!

スットコランド日記
スットコランド日記
おすすめ平均
stars電車のなかで読めません

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スットコランド日記の最新版は「WEB本の雑誌」で。
本書でもふれられてる「だいたい四国八十八ケ所」の連載もある。
ただで読めてお得だ!

◆他サイトの感想◆
傲岸不遜男天野才蔵の「私は本を買って読む」+「ただいま世界一周旅行中」
著者に聞く 新s あらたにす(日経・朝日・読売)
讀々享樂時空
宮田珠己ファンサイト「タマキンガーの部屋」

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/304-e09dedf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad