だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

未踏峰/笹本稜平

◆読んだ本◆
・書名:未踏峰
・著者:笹本稜平
・定価:1,700円
・出版社:祥伝社
・発行日:2009/11/5

◆おすすめ度◆
・爽やか山岳小説度:★★★★
・ハンデを背負った若者たちの挑戦度:★★★
・浮かび上がる雄大で荘厳な風景度:★★★★

◆感想◆
自らの虚栄心と驕りから、社会から脱落した裕也。アスペルガー症候群という病から、人間関係に苦しむサヤカ。知的障害を抱える慎二。ハンデを背負った3人の若者が引退したトップクライマーと出会うことで、自分たちの居場所を掴みとろうとする山岳青春小説。

登場人物の設定や展開が、やや作り過ぎの感じ。
安易なドラマみたいで、ちょっとねえ、とか思いながら読み進めるが、中盤以降の登攀シーンはさすが笹本稜平。
雄大で荘厳な風景が、目の前に広がる!
一緒に登っているような臨場感もあるし。

3人の若者のチームワークもステキに青春している。
ミステリーや冒険小説な味付けなしで、ただひたすら爽やかな山岳小説。
山に登りたくなること間違いなしだ。


0911101311.jpg
カンティ・ヒマール南面Twujiche


「未踏峰」は本当にストレートな小説で、ミステリーな場面はないんである。
ひねくれた読者(俺のことだ)は、裕也たちが登攀の途中で出会う外国人クライマーに、不穏な状景を想像したりするが、そんな予想をあっさり裏切ってスカッと爽やかヒマラヤ登山なんである。

それはそれでいいけど、ちょっと物足りない気もする。


未踏峰
未踏峰笹本稜平

おすすめ平均
stars貴重な山岳小説
starsリアリティにかける山岳描写
stars前作「還るべき場所」に比べて、迫力が少なく物足りなかった
stars若者三人のヒマラヤ未踏峰への挑戦

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/296-9649f9c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad