だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

デパートへ行こう!/真保裕一

◆読んだ本◆
・書名:デパートへ行こう!
・著者:真保裕一
・定価:1,600円
・出版社:講談社
・発行日:2009/8/25

◆おすすめ度◆
・夜のデーパートで起きる大騒動度:★★★
・登場人物全員が主人公度:★★★
・ハラハラドキドキほろっ度:★★★

◆感想◆
リストラされ家族にも見放されたおじさん、若い男女のカップル、ヤクザに追われる男、彼らがそれぞれに目指したのは老舗のデパート鈴膳だった・・・

様々な訳ありの登場人物にくわえ、老舗デパート鈴膳の社長や警備員などが織りなす、一夜の大騒動。
はじめは何の繋がりもないようにみえる登場人物たちの関係が、だんだんと繋がってきて最後には!

登場人物全員が主人公という設定と、それを繋いでいく人物の相関関係。
著者はだいぶ苦労しただろうと思わせる。
でもそれを無理なく展開して収束させるのは、さすが真保裕一。
なんか、戯曲にアレンジしてどっかで上演されそうな内容でもあるぞ。
登場人物一人ひとりがきっちり描かれているし、展開もうまい。
ただ一人一人にさけるボリュームが少なくなって、やや書き込み不足な感じもする。

読後は爽やか!
もうちょっとコミカルにしたら、なお面白かったかも。


デパートへ行こう!
4062157217


全員が主人公というと井上夢人の「99人の最終電車」を思い出す。
これはなかなか凝ったウエブ小説で、それこそ全員が主人公。
登場人物ごとにもよめるし、時系列に沿って読むこともできるという、ウエブならではの小説だ。
いまでも無料で読めるので、興味のある方は是非!


テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

はじめまして

ブログのあしあと検索で辿ってきました。
ここにコメントを残しても良いものかと悩んだのですが、せっかくなので!
森見登美彦の宵山万華鏡の記事に、私のブログのリンクを貼って頂いて、とても恐縮です。だなさんのように感想ばかりではなく、日常などごしゃごしゃ書いていて収拾がつかず、お恥ずかしい限りです。
有川浩の新刊出ていたんですね!
早速買いに行きたいと思います。
時間の許す限り、だなさんの感想も読ませて頂きますね!
お邪魔しました。

  • 2009/09/04(金) 00:00:25 |
  • URL |
  • ほうび #-
  • [ 編集]

コメントありがとうございます

はじめまして。
コメントありがとうございます。
「図書館戦争」はさほどでもなかったのですが、最近の有川浩は気にいってます。
単純明快なところがいいですね!

また見に来て下さい!

  • 2009/09/04(金) 14:18:26 |
  • URL |
  • だな #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/288-caa7f3f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad