だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

龍神の雨/道尾秀介

◆読んだ本◆
・書名:龍神の雨
・著者:道尾秀介
・定価:1,600円
・出版社:新潮社
・発行日:2009/5/20

◆おすすめ度◆
・ミステリー&サイコサスペンス度:★★★
・家族と兄弟の絆度:★★★
・出来過ぎた展開度:★★★

◆感想◆
添木田蓮は妹の楓の帰りが遅くなると聞き、あの計画を実行する機会がやってきたと考える。「でも駄目だ、いくら憎いからといって義父を殺すなんて・・・」

今、もっとも勢いのある若手作家の一人、道尾秀介。
本書は直木賞候補にもなった「鬼の跫音」の次に出版された最新作で、2組の兄弟(兄妹)が主人公のミステリー小説だ。

添木田蓮(19歳)と高校生の妹楓の兄妹。
中学生の溝口辰也と弟圭介の兄弟。
どちらの兄弟も両親を事故などでなくし、血のつながっていない親と暮らしている。
親を失った悲しみと、血のつながっていない親との暮らしのなかで兄弟たちに猜疑心が生まれ、それは次第に肥大化して行き・・・

描写や展開もうまいし、人物描写も巧み。
著者の才知にたけた伏線と巧妙なミスリードで、ミステリー小説の面白さを満喫できる。

でもなんか違うんだよね。
破綻のない展開も見事な描写も、まるでミステリー小説の教科書みたいな。
印象が薄いっていうか。
それで全然問題ないんだけど、著者のスタンスは違うような気がする。


0907301643.jpg
手賀沼の藤姫伝説 手賀沼の藤姫伝説(つづき)雲の上の散歩道


千葉県の手賀沼に伝わる藤姫伝説というのが本書でふれられてる。
あの手賀沼にねえ、そんな神話が、と思いつつ調べてみると微妙な違いが。
著者の脚色?


龍神の雨
龍神の雨
おすすめ平均
stars雨は良かったけど、龍が・・・
stars雰囲気には満足しているが・・・
stars後味は割と悪くないです。
starsもう一声!
stars期待はずれの出来栄え。がっかりです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆他サイトの感想◆
棒日記VI
MSN産経ニュース【書評】
一日一読
たちばな屋・ミステリ分科会
ミユウのいろいろ日記

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/281-bd533d42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「龍神の雨」道尾秀介

道尾秀介曰く、 「今後は見るからにミステリ、というものを出すことは予定していません」 「たとえばもしこれ(「龍神の雨」)を読んだ人に『オレは途中で真相が分かっていたよ』と言われても、痛くも痒くもない(笑)」 そうです。。。 では、新作「龍神の雨」はどうだった..

  • 2009/07/30(木) 21:13:03 |
  • たちばな屋・ミステリ分科会

FC2Ad