だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

宵山万華鏡/森見登美彦

◆読んだ本◆
・書名:宵山万華鏡
・著者:森見登美彦
・定価:1,300円
・出版社:集英社
・発行日:2009/7/10

◆おすすめ度◆
・和風ファンタジー度:★★★
・祇園祭宵山におきる不思議度:★★★
・幻想的すぎて鼻血がでそう!度:★★★

◆感想◆
京都祇園祭の宵山に起きるファンタジックな不思議話し。

お祭りは気分が高揚するもの。ちょっとエッチな雰囲気もあったりして。
でも本書の「祭り」は至って健全。
子供の頃に祭りで味わった異世界感が、小説の中に充満している。

赤い浴衣の少女たち、頭がつるつるの大坊主、マンションのベランダから見下ろす赤ら顔の男、奥州斎川孫太郎虫という昆虫…
怪しげな登場人物や脇役を従え、森見ワールド全開!

著者の不思議な小説空間が好きな方にはたまらないワンダーランドだ。
京都な空気の和風ファンタジーは、他に類を見ないし、祭りの猥雑さ、幻想的な風景、うごめく人々が、ファンタジックだけれど妙にリアルに描かれる。

読みはじめると、宵山の異世界にはまり込みそう。

自分はちょっとしかはまれなかった異世界。
京都になじみのない分がマイナス要因?


奥州斎川孫太郎虫
奥州斎川孫太郎虫/ウィキペディア


奥州斎川孫太郎虫というのは著者の創作かと思ったら、本当にいるんだねえ。
こうゆう小道具も大切だ。


宵山万華鏡
宵山万華鏡森見登美彦

おすすめ平均
stars久しぶりの”怪奇”!!
stars夏の夜の夢語り
stars表紙がすべてを語っています
stars世界につつまれて
starsこんなもんでしょうか?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆他サイトの感想◆
ラピスへのひとりごと
ナカムラのおばちゃんの読んだん
紫苑草子

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/279-f582c636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad