だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

諦女/宮崎吐夢

◆読んだ本◆
・書名:諦女
・著者:宮崎吐夢
・定価:1,400円
・出版社:グラフ社
・発行日:2009/5/5

◆おすすめ度◆
・OLを題材にしたユニークな短編小説度:★★★★
・ウイットとユーモアとエスプリ度:★★★★
・新感覚の笑い度:★★★★

◆感想◆
OLたちを主人公にした、新感覚のユーモア小説。
なかなか小気味よい展開で、笑える小説だ。

特に出だしの「おわびのしるしに」がウケる! うまい!
入社三ヶ月目のOLが、顧客リストを誤って流出。
のそリストには顧客名と、人相風体の覚え書きが書き加えられていた。
この人相風体が笑える!

 秋葉麻由美 若づくり 口元にシワ(肛門口)
 浅野淳子  メイクケバい 何分かかるんだ?(ケバケバ60分)
 葉山諒子  寡黙 ずっと考えごとしてる(念写)
 矢作 真  会話の最中、舌打ちする癖あり(チェ・ゲバラ)

こんな調子で名前がズラーッ。
笑うっきゃないけど、どこかシリアスな感じも。
どこぞの社員が顧客名簿を売り払うより、社会的な制裁はキビシイかもしれない人相風体覚え書き名簿の流出。

名刺の横に覚え書きを書いている方は、気を付けた方がいいかも。

二編目の「残業秘話」も、世のOLにはオトロしい短編か。
地味で無口で無愛想な50歳過ぎのベテラン社員。彼女の悪口を言ったりすると、不幸な出来事に見舞われるという噂が・・・
残業中の3人のOLが、彼女の秘密を探ろうとした結果!


活字の力をもうまく使った、OL短編小説の奇作だ。



オケケにオカカをまぜないで【宮崎吐夢】



ペリーの開国要求


著者の宮崎吐夢は劇団「大人計画」の人。
寡聞にして知らなかったが、ちょっと調べるとかなりサブカルでアングラっぽい人だ。
これはむちゃくちゃ好きになるが、見るのもイヤになるかのどちかタイプの人。
才能あるぞ!(みんな知ってる。そうなの、やっぱり)


諦女 宮崎吐夢のOL短編集
諦女 宮崎吐夢のOL短編集宮崎吐夢

おすすめ平均
stars「ロッカールーム文庫」に。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆他サイトの感想◆
オトノメモ

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/274-7991ced9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad