だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

黄昏の百合の骨/恩田陸

◆読んだ本◆
・書名:黄昏の百合の骨
・著者:恩田陸
・出版社:講談社
・定価:1,700円
・発行日:2004/3/10

◆評価◆
・ミステリアス恩田ワールド度:★★★★★
・古い洋館に隠された秘密度:★★★★
・悪の上澄みの一すくいのような善/あるいは無自覚の悪度:★★★

◆ひとこと◆
白百合荘という名の高台に建つ古い洋館は、魔女の家と噂されていた。亡き祖母の遺言で、この家に住むこととなった高校生の水野理瀬は、親戚の姉妹と同居するが…

いわくありげな古い建物。祖母の死にまつわる噂。ヒロイン水野理瀬の、大人でもあり子供でもある不思議な魅力。叶姉妹も真っ青?の、洋館に住む謎の姉妹。
恩田陸独特のミステリアスでファンタジックでセンチメンタルなミステリーの舞台装置は、全部整ったって感じ。
さらに展開にハラハラドキドキし、隠された謎と登場人物達が互いに疑心暗鬼となる姿に、ミステリーの醍醐味を感じる。
恩田ファンは必読でしょう。

ヒロイン水野理瀬とボーイフレンドの勝村。特別に行くあてもなく2人は自転車に乗る。後ろに乗る理瀬は、頬を彼の背中に押し付け、そのあたたかさに安心する。
こんな微妙な描写に、現役の女性達は共感し、退役したおじさん達は、センチになっちゃったりするんだなこれが。そこらに転がっているオヤジ達にも、若いうぶな頃があった証左。
微妙な年頃の少女に同居する、残酷さと可愛さの冴えた描写にも、恩田ワールドの深さと魅力を感じる。


黄昏の百合の骨 (Mephisto Club)
黄昏の百合の骨 (Mephisto Club)恩田 陸

おすすめ平均
stars麦の海に続く続編としては・・・・・
stars続編。
stars人との駆け引きは演技
stars百合の匂い
stars文章が堅い、話が重い、ラストが単純。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆他サイトの感想◆
のんびり前進じたばた生活
こばけんdays
猫は勘定にいれません

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/248-fedb1d8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

恩田陸さん著 『黄昏の百合の骨』を読んだよ!!

こちらもあっという間に読了。 最後の結末はビックリだったー!!(゚ー゚)(。_。)ウンウン 祖母が亡くなりイギリス留学中だった水野理瀬は日本...

  • 2009/04/22(水) 19:11:22 |
  • のんびり前進じたばた生活

FC2Ad