だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

オトナ語の謎。/糸井重里

◆読んだ本◆
・書名:オトナ語の謎。
・著者:糸井重里
・出版社:東京糸井重里事務所
・定価:1,300円
・発行日:2003/12/5

◆評価◆
・爆笑&納得度:★★★
・会社用語辞典度:★★★
・会社の机に一冊置いとくと役にたつ度:★★★★★

◆ひとこと◆
ほぼ日刊イトイ新聞』に掲載されていたものをまとめた本。オトナ達が会社で日々使っている様々な用語を、単語ごとに解説したもの。

これがなかなか笑わせるやら感心納得するやら。
「なるはや」「コンセンサス」「アレしますから」「半値八掛二割引」といった会社の中で使っている言葉が、いわば一種の業界用語であることが分かってしまう。あらためて文字にされると、へんてこな言葉ばかり。
「悪くないですね」と「悪くはないですね」。「は」が有るか無いかで、意味もビミョーに変ってきたり。

しかしこれらのオトナ語を知らないと、顧客や上司とのコミュニケーションがとれなくて、苦労しちゃう。
新人社員は、マナー本と一緒にこの本も読んどいた方がいいかも。

ちなみに私の勤める会社では、何かを説明している時に「悪い意味ではなくて」と、連呼する人がいる。
「…この部品の製作を依頼したいのですが、悪い意味ではなくて、そちらでも仕様の内容を確認していただいてですね、悪い意味ではなくて、前倒しでお願いしたいんですよ…」

いったいどうゆう意味なのか良くわかんないが、ただの口癖だろう。


オトナ語の謎。 (ほぼ日ブックス)
オトナ語の謎。 (ほぼ日ブックス)糸井 重里

おすすめ平均
stars面白くてためになる!
starsクールな現代語辞典
stars実は実用書?
starsあるある(笑)
starsほくそ笑む

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/246-fe09cd60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad