だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

犯人に告ぐ/雫井脩介

◆読んだ本◆
・書名:犯人に告ぐ
・著者:雫井脩介
・出版社:双葉社
・定価:1,600円
・発行日:2004/7/30

◆評価◆
・警察ものミステリー度:★★★
・劇場型凶悪犯罪に対する劇場型捜査度:★★★★
・犯人とかとの駆け引き度:★★★

◆ひとこと◆
児童誘拐事件の捜査にあたっていた巻島。いっこうに見えてこない犯人の指示により、大掛かりな捜査体制の変更を余儀なくされながらも、犯人の周到さに舌を巻いていた…
結局、巻島は犯人の姿を認めながら、取り逃がしてしまう。さらに誘拐されていた児童は殺害され、その責任をとるかたちで巻島は左遷させられる。

と、ここまでがプロローグ。
その後、新たな児童連続殺害事件が発生。巻島は、TVニュース番組を利用した捜査に抜擢される。
 巻島の過去の汚点と犯罪捜査に対する姿勢
 巻島を利用しようとする警察幹部の思惑
 劇場型犯罪に対抗する劇場型捜査という手法

この、TVニュースを捜査に利用するという劇場型捜査が、目新しく新鮮。
TVを使った捜査での、犯人との駆け引き。TV局の犯罪報道に対する姿勢。
視聴率を取ろうとする番組作り。
そんなこんながうまく書き込まれている。
綿密な展開(逆にいえばスローな展開だが)も、読者を飽きさせない。

ただ、巻島の上司である植草刑事のキャラクター設定に難あり。
この登場人物がいなければ、物語に幅は出なかったろうが、それにしてもなんだかねぇ。マンガの登場人物並みの安易な設定。
もうちょっとましな性格は考え付かなかったのだろうか。
「好きな女の気を惹くため」に、キャリアの植草がここまでするかな?

ちゃらちゃらしすぎの植草に「喝!」だな。



犯人に告ぐ/雫井脩介の表紙とAmazonでのレビュー
犯人に告ぐ
犯人に告ぐ雫井 脩介

おすすめ平均
starsドラマなら……
starsごめんなさい
stars「逮捕はもう時間の問題だ。逃げようと思うな。今夜は震えて眠れ」
stars犯人よ、今夜は震えて眠れ
stars劇場型捜査という新しい形

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/215-0a61bafb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad