だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

鬼の跫音/道尾秀介

◆読んだ本◆
・書 名:鬼の跫音
・著 者:道尾秀介
・出版社:角川書店
・定 価:1,400円
・発行日:2009/1/31

◆おすすめ度◆
・落ちの見事なミステリー小説度:★★★
・猟奇的で性的な短編度:★★★
・狂気と正気の狭間度:★★★

◆感想◆
猟奇的な殺人事件や犯罪を主題にした、ミステリー短編小説。

ちょっと狂気っぽい非日常的なところと、展開に性的な要素が関わっているところが印象的。
文章が上手なのかあざといのか、微妙な感じも。

ミステリー小説としての落ちはうまいし、展開もそつがない。
でもあんまり心に残るような物語とはいえないかな。
ちょっとあっちの世界に入っているような人物や展開があり、ホラーっぽくて面白い。
けど、ちょっと下品かな。

自分にはちょと不向きなミステリー小説か。
逆に、たとえば「独白するユニバーサル横メルカトル」が面白かった方にはオススメだ。
うん、なんかちょっと同じようなニオイがする本だ。



恐竜



本書にやや批判的なのは、自分の方に原因がある。
なんだか最近、猟奇的だったりグロテスクだったりする本は、ダメなんである。

若い頃は肉ばっかり食べていたのに、歳を経ると魚が好きになったりと、食に対する嗜好が替わるように、本に対する嗜好も替わるようだ。
そう思うと、音楽も映画も好きなタイプが替わっているような気がする。

なんか草食動物っぽいのが、最近の好みなんである。
女性の好みだけは替わらないような・・・


鬼の跫音/道尾秀介の表紙
 

◆他サイトの感想◆

身勝手な書評たち -書評のブログ-
ミステリ畑
夜思比売の栞

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/211-43f0b200
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad