だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

パパとムスメの7日間/五十嵐貴久

◆読んだ本◆
・書 名:パパとムスメの7日間
・著 者:五十嵐貴久
・出版社:朝日新聞社
・定 価:1,700円
・発行日:2006/10/30

◆評価◆
・父娘のちょっと不思議な体験度:★★★
・ユーモアとペーソス度:★★★★
・一度は経験してみたい度:★★★★

◆感想◆
化粧品会社に勤める小原は新商品開発のプロジェクトリーダーとなるが、思うように事は運ばず、やや投げやり気味に。娘の小梅は、花も恥じらう女子高生。
憧れの先輩とのメールや会話に、心トキメイたり落ち込んだり。そんな2人にとんでもないことが…

今では普通の設定となった感のある心と体の入れ代わり。パパとムスメが入れ替わっちゃうことで起きるドタバタや胸キュンな事件が、オーソドックスに展開するんだが、これがけっこう面白い。

ありふれた手法でも、書き方によっては読者を惹き付けられるということだな。
著者お得意のテクニックといったところか。

ムスメの体や友人、憧れの先輩との接触に狼狽する(外見:娘/中身:父親)の姿や、会社でのオトナの事情にあきれたり困惑する(外見:父親/中身:娘)の気持ちがユーモラス。
展開もメリハリがきいている。
ちょっとホラーっぽい味付けもあったりして(このシーン、けっこうリアルに怖い)、全体的には爽やか父娘小説といった感じ。

高校生の娘を持つお父さんには、共感すること大。
ダサイ父親を持つ女子高生には、聞くのも怖いホラー的設定か?

パパとムスメの7日間/五十嵐貴久の表紙
 

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/21-579d6d48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad