だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

ブラザー・サン シスター・ムーン/恩田陸

◆読んだ本◆
・書 名:ブラザー・サン シスター・ムーン
・著 者:恩田陸
・出版社:河出書房新社
・定 価:1,400円
・発行日:2009/1/30

◆評価◆
・回顧的青春記度:★★★
・3人の出会いと別れ度:★★
・不思議なほど懐かしいあの頃度:★★

◆感想◆
高校から大学まで同じ時を過ごした男女。大人になった3人が、それぞれに学生時代の自分を振り返る青春記。

登場するのは女性1人と男性2人の3人で、合わせて3話からなる構成。
第1話は、なんだか著者本人が主人公のような語り口で、少々とまどう。
おまけに、殺人事件もミステリアスな事件も起きないし。
唯一不思議な事といえば、空から蛇が3匹落ちてきた事か。

学生時代の思い出や出来事をつらつらと書いて、それを現在の自分とちょっと対比させたりして。
むかしの思い出がパッチワークのごとく組み合わされて。
過去のフラッシュバックをそのまま小説にしたような、一種映像的な構成でもある。
著者らしい不思議な気配の青春小説だ。

何かに熱くなっていた、という同世代の方には、感情がシンクロしやすいかも。



サンドイッチ航路 Il viaggio del panino


3話に登場する箱崎一は、学校を卒業してから金融業界に進みながら、心機一転、映画監督になる。
彼が映画監督になるきっかけは、むかしのTV番組「エビ天」で観た「サンドイッチ航路」という応募作品だという件が。

YouTubeにあるんだね。便利な世の中だ。
(録画して、さらにYouTubeに投稿するという投稿者の几帳面さにも驚くが)

でもこうゆうのはあんまり観ない方がいいと決まってる。
特にきれいな「むかし」は。 言葉や文字で空想するのはいいけど、映像や、ましてや実物の「むかし」は、かなりの覚悟をもって望まないといけない。


ブラザー・サン シスター・ムーン/恩田陸の表紙
 

◆他サイトの感想◆
AKASHIC NOTE
夜の虹を絞め殺す


テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/207-3f0bc1a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad