だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

南極(人)/京極夏彦

◆読んだ本◆
・書 名:南極(人)
・著 者:京極夏彦
・出版社:集英社
・定 価:1,900円
・発行日:2008/12/20

◆評価◆
・ギャグミステリー度:
・作り込まれた内容と装丁度:★★
・「ビデヨ」に大笑い度:★★★★★

◆感想◆
新宿鮫」「デスノート」「探偵ガリレオ」などのベストセラー小説をもじった?痛快ギャグ小説。
「どすこい(仮)」にも感じたけど、著者のギャグ小説はあんまり面白くないなあ。
普通にB級小説であればいいんだけど、A級の完成度や自虐的ギャグやメタ小説的諧謔を入れ込んでるせいか、B級なのに完成度が高くて笑えないんである。

著者は笑かそうとかあんまり思っていないのかも。
笑わすより「本を造る」事に夢中のようにみえる。
だって、ページの紙質や書体を変えたり、段組みを変えたりしているし。
スピンだって4本も付いているという凝りよう。
ページ数の文字だって作っちゃうこだわり。

そんな本に対する「愛」を感じながらもギャグには笑えなかったんだが、唯一大笑いしたのが「ビデヨ」という言葉。

半分寝ながら読んでる時、この言葉に行き当たり、爆笑してしまった!
そのまま5分くらいはクスクス笑いが止まらなかったぞ。

「ビデヨ」「ビデヨ」「ビデヨ」

まだ頭の中を「ビデヨ」がぐるぐる回って、クスクス笑ってしまう。
笑いのツボにはまった!



本の名称    本の名称
大阪府立中之島図書館


「本」と一口にいうけど、各部の名称がちゃんとあるんだよね、当たり前だけど。
「ノド」とか「そで」とか「チリ」とか。

一番気に入ってる呼び名は「腰巻」。

本を読み終わると、書店てつけてくれたカバーと腰巻を外して書棚に整理するんだけど、この腰巻を外す瞬間が「読み終わった!」という達成感を集約した感じで、なんか嬉し清々しいんだよな。



南極(人)/京極夏彦の表紙
 

◆他サイトの感想◆
uruya の日記
読めば京


テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/202-513e7c54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad