だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

なみのひとなみのいとなみ/宮田珠己

◆読んだ本◆
・書 名:なみのひとなみのいとなみ
・著 者:宮田珠己
・出版社:朝日新聞社
・定 価:1,500円
・発行日:2008/9/30

◆評価◆
・爆笑エッセイ度:★★★★★
・元気が出る、悩んでどうする度:★★★★★
・ナイーブな人生観とペーソス度:★★★★

◆感想◆
著者の紀行エッセイ以外の、爆笑エッセイ集。

宮田珠己、面白いなあ。
なんか飄々とした文体と、予想もしていないような単語の面白インパクトは、著者の才能。
この文章センスはすばらしい!
間違っても電車の中で読んじゃ行けない。
「ガハハハ」と大笑いし、隣近所に座っている人の迷惑になるし、本人もちょっと恥ずかしくなる。

内容は、妊娠した妻の代わりにナプキンを買いに行ったりする冒険談?や、血中酸素濃度過多で叫んだ話しとか、レントゲンに写らないナイーブな病気とか、このままではオレの人生はダメだ!と一念発起し「写仏の通信講座」をする???話しとか。

ちょっと人生に悩んでいながらも、本当はむちゃくちゃ自由人にみえる著者の爆笑エッセイだ。

人生に疲れ気味だったり、将来の不安に押しつぶされそうな方、必読!
元気が出るし、悩んでる必要なんかないっ!って思わせてくれる本だ。


51UeL7FMOVL.jpg
工場萌え



「なみの ひとなみの いとなみ」の中に、工場萌えな内容が。
煙突や複雑な配管などの、工場の外観に魅せられる「工場萌え」
けっこうコアなファンがいて、本も出版されてるし、工場鑑賞ツアーなるものも!

世の中には変な?モノを愛でる人々がいるけど、家具とか小物雑貨は四角張っていないとダメな自分も、ちょっと変かも。
テーブルの角が丸いカーブになってたりするのは許せない!
ピシッと直角でないとダメだ。
丸っこい電話機とかくりくりした電卓とか、なんかいかにも女性好みっぽい丸まっちいデザインのモノは、ふにゃふにゃした感じで受け入れられない!

変?


なみのひとなみのいとなみ/宮田珠己の表紙
 


◆他サイトの感想◆
WEB本の雑誌
~爆心地より愛を込めて~
タマキンガーの部屋

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/190-b67940b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad