だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

聖域/大倉崇裕

◆読んだ本◆
・書 名:聖域
・著 者:大倉崇裕
・出版社:東京創元社
・定 価:1,800円
・発行日:2008/4/30

◆評価◆
・山岳ミステリー度:★★
・驚きの展開度:★★
・山に向かう男たち度:

◆感想◆
草庭は、友人でありライバルでもあった安西が、塩尻岳で滑落したとの知らせを受ける。マッキンリーを極めた安西、自分の目標とするような登攀をしていた安西が・・・

先日読んだ「還るべき場所」の影響で、山岳小説づいてしまった。でも山岳小説の新刊なんてあんまりないんである。そんな折り、目についたのがこの小説。
「静かな感動を呼ぶ渾身の山岳ミステリー」。
読み終わった後に改めて見ると「静かな感動」というところがミソだ。

主人公の草庭の友人であり、かつクライマーとしての目標だった安西。
完璧な登攀技術と身体を備えていた安西。
そんな彼が塩尻岳で滑落。
その事実を受け入れられない草庭は、彼が滑落に至るまでの経緯を調べはじめる。
するとそこには、何者かの意図的なものが見えてきて・・・

物語は、草庭が関係者のもとを尋ね歩き、安西の足取りを調べるという、オーソドックスな展開。
登攀シーンは少なめで残念だし、草庭の捜査もなんだか結果ありきの展開で、いまいちだ。
登場人物も平板だし。

こう書くと良いとこなさそうだが、あんまりないんである。

だいたい、ぶん殴られてタクシーで這々の体で帰ってきた主人公が、腹が減ったという理由で、血だらけ泥だらけのまま定食屋に行くか?
おまけに、ある情報を定食屋で聞き入れた主人公は、直後に全力で走って不審者を追いかける!
だったら、タクシーで帰ってくるな! って感じ。

重箱の隅をつつくようだけど、ディテールにひっかかって物語に入り込めない。
この辺が著者と読者の相性なんだな。
たぶん帯のコピーを考えた出版社の人も、同じような印象だったんじゃないかと邪推。
だから「静かな感動」。

ま、自分とは反りが合わないってことで、お許しを!!


天の川


自分も学生時代に、東京都で一番高い山「雲取山」と、日本一高い山「富士山」に登攀(大げさ)したことがある。
富士山は夜中に登って、山頂でご来光、という行程だたんだけど、途中で見上げた星空がすごかった!
もう満天の星で、その中に流れる天の川が、宇宙の神秘!!
今でもたまに思い出す。


聖域/大倉崇裕の表紙
 

◆他サイトの感想◆
今日何読んだ?どうだった??
それでも本を読む
イノミス

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/186-cfb65fc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad