だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

真夜中の神話/真保裕一

◆読んだ本◆
・書 名:真夜中の神話
・著 者:真保裕一
・出版社:文芸春秋
・定 価:1,619円
・発行日:2004/9/15

◆評価◆
・スリルとサスペンスとヒーリング度:★★★★
・神話/神/異端/科学度:★★★
・少女に宿る神聖度:★★★★

◆感想◆
不慮の事故で夫と娘を失った栂原晃子。彼女は、なんとか自分を取り戻そうとアニマル・セラピーの研究に取り組む。研究者と会うためインドネシアに向かう飛行機に搭乗するが、突然機体に衝撃が走り、墜落… 飛行機は、カリマンタン島のジャングルに墜落。唯一の生存者だった栂原晃子は、ジャングルの村で奇蹟の治療を受ける。

ファンタジックでありながら、アカデミックな内容の小説。
奇蹟の治療、ジャングル行、追跡劇と、展開は目まぐるしく飽きさせないが、主題は冒頭のプロローグに描かれる、少女の歌声とそこに宿る「神」。

神の奇蹟や吸血鬼伝説を題材にし、一見ホラータッチのファンタジーかと思いきや、奇蹟の治療をアカデミックに分析したりと、なかなかの苦心作でもある。
「神の奇蹟」というのは、こういうものなのかも! と思わせる説得力あり。
結局「神」はファンタジーなのか、それとも科学的に解析可能なものなのか?

ま、そんな作者が苦心しただろうポイントはおいといても、少女の歌声に宿る神聖というのが、やっぱりいい。
これがオヤジだったりしたら、面白さ全滅。
無垢な少女だから神聖が宿るのであって、酒臭いオヤジや三段腹のオバサンに神聖があったとしても、信用できない。

真夜中の神話/真保裕一の表紙
 

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/181-acd9b526
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad