だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

アウト オブ チャンバラ/戸梶圭太

◆読んだ本◆
・書 名:アウト オブ チャンバラ
・著 者:戸梶圭太
・出版社:講談社
・定 価:1,600円
・発行日:2004/11/4

◆評価◆
・江戸時代の変なやつら度:★★
・激安な俗物達のチープな戦い度:★★
・ん?どうしたんだ?度:★★★

◆感想◆
貧乏長屋に住まっている日雇い稼業の平六。仕事にあぶれフラフラしている時、錆びた刀を拾う。平六は侍になったつもりで、おっかなびっくり町に出るが…

江戸時代の町人を主人公にした短編集。
舞台が江戸時代になっても、相変わらずの激安男達が登場。
ハチャメチャぶりも相変わらずだが、ちょっと理解に苦しむような展開や、アンチクライマックス風の落ちが、ややせつない。

ん?と思ったのは、最後の書下ろしの短編。
出だしは他の短編と変らない装いだったが、中盤からなにやらファンタジックな展開に。
どうしたんだトカジ!
何かとてつもない小説を書こうと考えているのか!
それとも、ただの気紛れか?

アウト オブ チャンバラ/戸梶圭太の表紙

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/169-090164ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad