だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

長恨歌/馳星周

◆読んだ本◆
・書 名:長恨歌
・著 者:馳星周
・出版社:角川書店
・定 価:1,600円
・発行日:2004/11/30

◆評価◆
・クライムノベル度:★★★
・裏社会の掟とそれを操る男度:★★★
・限り無くウエット度:★★★★

◆感想◆
新宿歌舞伎町。揺頭という麻薬の売買をめぐり、東明会と中国マフィアの韓豪が密談をしていた。そこにいきなり現れた2人組がショットガンを乱射。殺された韓豪の部下である武基裕は、犯人を探そうと…

不夜城三部作完結編登場! といいながらも前作の内容を忘れているし。
馳星周の小説は、横溝正史や渡辺美里(違うか?)みたいに、どれを読んでも同じような印象。人間のドロドロした感情や暴力、裏切り。
本書も歌舞伎町を舞台に、中国マフィアやヤクザ、それに関わるうさん臭い人々が登場し、掟破りの殺し合いが始まる。

人間の恨み妬み嫉みやらをまぜながら、裏社会をリアルに描写する手腕は、依然健在。それに、最近の著者の小説に顕著な、主人公のナイーブな心理描写がいい。

中国の奥地から身分を偽って日本人となった武基裕。幼い頃の寒村での暮しと彼を慕う少女の姿。幾たびもフラッシュバックするように描かれる、幼い頃の仲の良い二人の姿が涙を誘う。
こんなに女々しいやつが、クライムノベルの主人公になりうるのかと思うが、なぜか納得できる小説になっている。

少女の名前が「小文」というのも、なんか可愛く思えてるから、漢字って不思議。大人となって登場する小文もいい味だしてるし、他の脇役達が虚無的なやつらばかりで、このあたりは主人公と対照的。
バランスがうまくとれているということか。

この手の小説に酒の描写は付きものだけど、酒のかわりに葉巻とウーロン茶が登場。けっこう新鮮で印象的だった。
葉巻とか吸ってみようかな。

長恨歌/馳星周の表紙
 

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/165-a3cc161c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad