だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

泳いで帰れ/奥田英朗

◆読んだ本◆
・書 名:泳いで帰れ
・著 者:奥田英朗
・出版社:光文社
・定 価:1,400円
・発行日:2004/11/25

◆評価◆
・アテネオリンピック観戦記度:★★
・著者の野球への思い入れ度:★★★
・オリンピックの思い再び度:★★★

◆感想◆
出無精で野球好きの著者による、アテネオリンピック観戦記。

オリンピック。
そういえば今年はオリンピックの年で、そういえば柔道をテレビで見て、そういえば感動したっけなぁ。
ついこの間の事が遥かむかしに感じるのは、年をとるごとに一年が短く感じるのと同じか?

それはさておき、本書を読むとオリンピックでにわか柔道ファンになっていた自分を思い出す。
井上康生の敗退、阿武の金メダル、塚田の逆転勝ち。
本書の中でもそれらが臨場感ある筆致で描かれている。現場ならではの描写で感動的。選手の心理を深読みした考察は、なるほど!と思うところも。

他にもマラソンや陸上競技の観戦についても書かれているが、著者の主眼は野球。

著者には「野球の国」というエッセイ集もあり(著者の暗めの性格があらわれている一冊)、野球には人並み以上の熱い思いがあるよう。
オリンピックでの長嶋ジャパンの試合は、どうにも納得できなかったようで、著者の怒りが炸裂。ヘコミぶりも面白い。
「野球の国」とは全体的な印象も大きく違い、大変明るくユーモラス。
たぶん「こんな暗いエッセイじゃいかん」と反省したんだろう。そのかいあってか、本書はけっこう笑える。

泳いで帰れ/奥田英朗の表紙
 

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/163-0e8e0e94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad