だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

嘘は止まらない/戸梶圭太

◆読んだ本◆
・書 名:嘘は止まらない
・著 者:戸梶圭太
・出版社:双葉社
・定 価:1,600円
・発行日:2005/6/15

◆評価◆
・男の嫌らしい妄想度:★★★
・それを利用する詐欺師たち度:★★
・詐欺師たちの思わぬ誤算度:★★

◆感想◆
落ちぶれかけた詐欺師の須波は、パチスロ屋で奇妙な歌を歌っているアフリカ人を目撃。どうにも気になってしかたがなく、彼の後を尾行するが…

詐欺師たちが結託し、アフリカ人を利用した大掛かりな詐欺を企む。

登場人物はトカジらしい激安男とちょっと賢かったり美人だったりする面々。

アホ面スケベ面のでこっぱちアフリカ人。日本の女とワグチャしたくてドチンを熱くたぎらせているへっぽこ男。
女をたらし込み金を巻き上げることを生業とする、イケメン男。
自慢の美貌と才覚で投資話をでっちあげ、投資家から金をかすめ取ろうとする美女。

それぞれユニークな味を出しているが、激安なのはアホ面スケベ面のでこっぱちアフリカ人や、ロリコン元役人くらいで、他の主要な登場人物はなんだかマトモに見える。

なんかトカジらしくない!

いつものチープでくだらない奴等はどこにいったんだ。
日本の漬け物工場ではたらいている大使館員が、同僚の心配事に悩む姿とか、日本の役人のごう慢さと俗物さを目の当たりにしてあきれる詐欺師とか、ストレートじゃん!

「激安」を量産し過ぎで、著者も飽きが来ているのか。

嘘は止まらない/戸梶圭太の表紙
 

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/159-f6e8dac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad