だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

天涯の砦/小川一水

◆読んだ本◆
・書 名:天涯の砦
・著 者:小川一水
・出版社:早川書房
・定 価:1,500円
・発行日:2006/8/31

◆評価◆
・サバイバルSF度:★★★★
・生き残りを賭けた戦いとドラマ度:★★★
・ハラハラドキドキ度:★★★

◆感想◆
地球の低軌道上にある宇宙基地「望天」。構造体の中心軸と極円盤を接合するベアリングを点検中、大事故が発生。分解した構造体の中に閉じ込められた数人の生存者は、宇宙に漂流しはじめる…

破壊した望天。構造体の一翼に閉じ込められた生存者。隔壁の隣は真空という恐怖。
わずか数名の生存者が繰り広げる、宇宙のサバイバル小説。

生存者のキャラが、妙に暗い施設管理者、エゴイスティックな医者、ケバケバわがまま娘、幼気な兄妹など、ステレオタイプなのが漫画チック。
会話や心理描写も平板でとって付けたようだし、やや不満が残る。

それでも読者を引き付けるのは、極限状態のサバイバルになんだか知らないが面白さを感じるからだなあ。
パニック・サバイバル・SFときたら、流行りの映画みたいだが、本書もそれと同じような展開だけど、思わず読み進んじゃう。

表紙の絵がすべてを語っているような小説だ。
パニック/サバイバル小説が好きな方は、是非!

天涯の砦/小川一水の表紙
 

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/15-6a798180
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad