だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

2005年のロケットボーイズ/五十嵐貴久

◆読んだ本◆
・書 名:2005年のロケットボーイズ
・著 者:五十嵐貴久
・出版社:双葉社
・定 価:1,600円
・発行日:2005/8/5

◆評価◆
・爽やかで笑える青春小説度:★★★★★
・泣いたり笑ったり怒ったりの熱い17才の夏度:★★★★
・キューブサットに賭ける情熱度:★★★★

◆感想◆
自分の希望とは裏腹に、やむなき理由で入学した工業高校。主人公は悪友たちと合コンしていたことが学校にバレて、退学処分になりそうに。生活指導の教師から呼び出された主人公は、「キューブサット設計コンテスト」へ参加するよういわれるが…

負け犬のように高校生活を送っていた主人公。毎日ため息ばかりをつくような生活だったが、「キューブサット設計コンテスト」という衛星の設計技術を競うコンクールに参加することをきっかけに、青春まっただ中! の生活が始まる。

ファッションとパチスロを本分とするドラゴン。
今世紀最大の負け犬ながらお気楽なゴタンダ。
秀才ながらまるで協調性がなく皆に嫌われている大先生。
ステロタイプながら魅力的な仲間たちが愉快愉快。
こんなマンガチックな登場人物はないだろうと、ツッコミを入れたくなるが、軽妙洒脱で思わず笑ってしまう著者の文章に、いつのまにか小説世界に引き込まれてしまう。

優等生でもなければ大きな夢を抱いて努力しているわけでもない、いわば落ちこぼれたちが、「キューブサットを作り上げる」というだれの利益にもならないことに情熱を傾ける。
やっぱり何かに熱くなるっていうのは、いいなぁ。青春だよな。

使い古されたテーマで手法も新しいわけではないが、登場人物たちと一緒に笑ったり悔しがたりしてしまった。

読後も爽やか!

2005年のロケットボーイズ/五十嵐貴久の表紙
 

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/148-a42e1567
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad