だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

ネクロポリス/恩田陸

◆読んだ本◆
・書 名:ネクロポリス
・著 者:恩田陸
・出版社:朝日新聞社
・定 価:上1,800円 下1,800円
・発行日:2005/10/30

◆評価◆
・ファンタジ&ホラー&ミステリー度:★★
・日本と英国の文化が混交する不思議世界度:★★
・ワンダーランドでのアトラクション廻りみたいな度:★★

◆感想◆
この1年間に亡くなった人達が蘇る地「アナザー・ヒル」 許された者だけがヒガンの1ヶ月間滞在し、死者との交流をはかる地。ここで今までにないミステリアスな事件が起きる…

日本とイギリスの文化が混交しているような、ファンタジックな異世界。
蘇った死者には実体があり、触ることも会話することもできる。彼等「お客さん」に接触することは、一種の娯楽と考えられ、この地を訪れたいと希望する人も多い。

そんなワンダーな世界で、ミステリアスな事件が!
まさに恩田陸ワールド。

でもなんか変!

著者らしいホラー&ファンタジックな描写と、ミステリー小説の作法で物語は展開するが、これがどうもチグハグ。
所々読み手を惹き付けるシーンはあるのだが、全体的にはワンダーランドにあるとって付けたようなアトラクションを次々と覗いているよう。

舞台設定が磐石でないところに問題があるのかなぁ。
事件の謎と決着に、不満があるせいかなぁ。
無駄な、意味不明のシーンのせいかなぁ。
構成を連作短編小説にしたほうが、物語に奥行きがでたような気も。

いずれにしても、本書を気に入るか気に入らないかは、著者の造り上げた小説世界を受け入れられるかどうかで、あらかた決まりそう。

自分はどうも合わないみたい。
マヨネーズご飯を食べてる気分。 残念なり~

ネクロポリス/恩田陸の表紙
  

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/135-abfab1f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad