だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝/茅田砂胡

◆読んだ本◆
・書 名:大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝
・著 者:茅田砂胡
・出版社:中央公論新社
・定 価:900円
・発行日:2006/3/25

◆評価◆
・ファンタジック少女小説度:★★★
・二人の少年の成長物語り度:★★
・ハラハラな戦闘シーン/仲間を思う真摯な心度:★★

◆感想◆
ラモナ騎士団の騎士見習いであるナシアスは、ティレドン騎士団との対抗試合で並みいる強豪を次々とやぶり優勝する。そんなナシアスの前に一人の少年が現れ、試合を申し込むが…

ラモナ騎士団のナシアスと、ティレドン騎士団のバルロを主人公にした物語り。
田舎の出ながら騎士道に邁進する、真面目一本槍のナシアス。
一方、公爵家の御曹子ながら勝ち気で血気盛んなバルロ。
対抗試合を期に二人の友情や深まったり、背負った家柄からくる悩みと考え方の違いにとまどったり、隣国と合戦したりする姿が描かれる。

著者の小説作法のうまさでクイクイ読めるが、「デルフィニア戦記」を期待しちゃいけない。
外伝だからね。

しかし「デルフィニア戦記」は面白かったなぁ。
現在刊行中の「クラッシュ.ブレイズ」シリーズはそれなりに面白いんだが、「デルフィニア戦記」をずーっと引きずっているような雰囲気で。
著者にとっても「デルフィニア戦記」は入魂の作だったんだろう。

大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝/茅田砂胡の表紙
 

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/105-767fa5f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad