だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

壊れかた指南/筒井康隆

◆読んだ本◆
・書 名:壊れかた指南
・著 者:筒井康隆
・出版社:文芸春秋
・定 価:1,571円
・発行日:2006/4/30

◆評価◆
・夢・老・終末を感じさせる短編集度:★★★
・スーパーウルトラくだらない度/大笑い:★★★★
・思いもつかない展開度:★★★

◆感想◆
筒井康隆、7年ぶりの短編集。
短編も短編、全部で30篇。あちこちの文芸誌に掲載されていたものを集約したバラエティに富んだ短編集。

 作家としての強迫観念
 社会的な著者の立場と自身の年令
 著者だから許される型破りの展開

いくつか特徴的なシーンが見られるが、「銀齢の果て」に比べるとシニカル。
著者の日常からヒントを得た題材が多いように思うし、そのためか登場人物に対して突き放した/疎外された印象を受ける。

そんな印象の中、素晴らしくくだらない短編があったりして、思わず大声で笑ってしまう。
普通、文章になったオヤジジョークで笑ったりしないんだが、それが笑ってしまうのは著者の文章テクニックなのか、短編のグレード落差のためなのか。

それにしても「小説に結末がなければいけないという法律はないのだ」と堂々と言ってのけるあたり、一種爽快。

壊れかた指南/筒井康隆の表紙
 

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://danatuusinmystery.blog17.fc2.com/tb.php/101-e41a034d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad