だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

槐(エンジュ)/月村了衛

◆読んだ本◆
・書名:槐(エンジュ)
・著者:月村了衛
・定価:1,600円
・出版社:光文社
・発行日:2015/3/20

◆おすすめ度◆
・悪漢小説度:★★★★
・中学生が主人公とは思えない暴力ぶり度:★★★★
・荒唐無稽を吹き飛ばす勢いで一気読み度:★★★★

◆感想◆
中学校野外活動部の7人が訪れたさびれたキャンプ場。引率の教諭2人と宿泊設備の清掃をしている時、銃声のような音が聞こえて…

中学生を主人公にした暴力シーンあり、銃撃戦ありの悪漢小説。
半グレ集団やテロリスト、チャイニーズマフィアも登場し、キャンプ場はブルース・ウィリスが出てきてもおかしくないような戦闘状態。

「荒唐無稽な」という感想が出てきそうな設定と内容なのに、それを吹き飛ばす勢いで一気読みさせる怒濤の展開。

月村了衛、驀進中です。

「槐」は白色の蝶形の花がたくさん咲く樹木。花言葉は「幸福」「上品」だそうです。
槐が味方する方は「幸福」でも、敵対する方は「不幸」のどん底のような。
「槐」の蕾を乾燥させたものは止血作用があるそうです。
槐が味方する方には「止血」でも、敵対する方は「流血」のてんこもりのような。

◆関連記事◆
衝撃的な面白さ!月村了衛「槐 エンジュ」/ミステリーならこれを読め!

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

the SIX ザ・シックス/井上夢人

◆読んだ本◆
・書名:the SIX ザ・シックス
・著者:井上夢人
・定価:1,600円
・出版社:集英社
・発行日:2015/3/10

◆おすすめ度◆
・少年向け超能力小説度:★★★
・見方を変えれば苦しいし、見方を変えれば楽しい度:★★★
・しんにゅうの謎度:★★★★★

◆感想◆
超能力ゆえに苦しむ少年や少女を主人公にした連作短編集。
ホラーやミステリーというより、心温まる少年向け超能力小説といった感じ。

大人が読んでも面白いが、主人公たちと同じ年頃の少年が読んだら、10倍面白く感じるかも、なんて思いながら読んでると…
ん、なんかしんにゅう(しんにょう)が変だ。

「道」「過」など普通は三画のしんにゅう「辶」の漢字が、四画のしんにゅう「辶」になっている。
これはもしかするととんでもないメッセージが隠されているのかも!
気づいて以降しんにゅうの漢字にばかり気を取られてなかなかストーリーが頭に入ってこないぞ。
それにしてもしんにゅうの漢字多いぞ。そのほとんどが四画のしんにゅう「辶」なんだけど、いくつかの漢字が三画のしんにゅう「辶」になっている!
全部読み終わってから数えると「辺」「送」など6文字の漢字だけが三画のしんにゅうだ!
書名も「the SIX ザ・シックス」だし、これは意味があるに違いない…

でもいくら考えても意味が分からない。
これはいったいどんなメッセージなんだ?
それともメッセージなんてないのか?

FC2Ad