だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

インドクリスタル/篠田節子

◆読んだ本◆
・書名:インドクリスタル
・著者:篠田節子
・定価:2,052円
・出版社:角川書店
・発行日:2014/12/20

◆おすすめ度◆
・インドを舞台にした社会派小説度:★★★★
・様々な対比の構図度:★★★★
・ロサのキャラクターがユニークすぎる度:★★★★★

◆感想◆
高精度の精密機器に使用する人工水晶。その種となる高品質の水晶をインドの村に見いだした山峡ドルジェ社長・藤岡だったが…
インド奥地の村を舞台に、高品質の水晶を入手しようと交渉を重ねるが、なかなか思うように進まない。
そこには価値観や商文化の違いはもとより、インド国内での差別や格差などが深く関わってくる。
どうやって水晶を入手するのか、村人は発掘に協力してくれるのか、敵対勢力の干渉はないのか。
文化や習慣がまるで違うインドの村人たちを相手にしたビジネスの、悪戦苦闘と奮闘ぶりが描かれる社会派小説。

でありながら、この物語のキモとなるのはロサという少女。
現地で出会った彼女の驚異的な能力と、彼女の内面を窺い知ることができない不思議な魅力と暗闇をもつ彼女。

先端産業とインド奥地の手掘りの水晶発掘
巨大資本が支配する世界と、神が支配する村
インド国内での地主と部族の対立

様々な明暗を織り交ぜながら、ロサという少女を通して見る世界は、日本人の藤岡が見る世界とはとてつもなく離れている。
だから藤岡は義足を薦め、ロサはそれを拒否するんだなあ。

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

FC2Ad