だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

プロジェクトぴあの/山本弘

◆読んだ本◆
・書名:プロジェクトぴあの
・著者:山本弘
・定価:1,900円
・出版社:PHP研究所
・発行日:2014/9/1

◆おすすめ度◆
・アイドル系ハードSF小説度:★★★★
・ヒロインのぴあのがユニーク過ぎる度:★★★★★
・著者らしいガジェット満載度:★★★★

◆感想◆
人気アイドルグループのメンバーにして、物理学と天文学に天才的な才能を持つ結城ぴあの。彼女の「宇宙への想い」をつづったアイドル系ハードSF小説。

サブカルチャーやアキバ文化、近未来のオタク文化などに加え、ハードSFな仕掛けや記述も満載な著者らしいSF小説。

なんといってもこの物語のキモは、主人公結城ぴあののキャラクター。
アイドルになったのは自分の夢を実現するための手段といってはばからない彼女は、人を愛するという情緒が理解できないばかりか、ヒトとモノに明確な境界線はないと考えるスーパークールな設定。
さらに物理学や天文学に天才的な才能をもち、コンクリートブロックと魚を焼く網のようなものと針金などで核融合実験装置を自分で作って検証しちゃうというマッドサイエンティストぶり。

秋葉原電気街で出会った「男の娘」の貴尾根すばるの視線で描かれる結城ぴあのがとってもユニーク。

様々な困難を乗り越え、結城ぴあのは夢を叶えることができるのか!?
カタルシスのある展開なにのどこかセンチメンタルな雰囲気が漂うのも彼女のキャラクターのせい?

自宅で核融合実験をする人を「フュージョニア」といい、実際に装置を作って成功したティーンエイジャーもいるそうで、マニアの世界は超ディープ。

◆関連記事◆
新刊『プロジェクトぴあの』/山本弘のSF秘密基地BLOG
地球移動作戦/山本弘/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

明日の子供たち/有川浩

◆読んだ本◆
・書名:明日の子供たち
・著者:有川浩
・定価:1,600円
・出版社:幻冬舎
・発行日:2014/8/10

◆おすすめ度◆
・児童養護施設を舞台にしたドラマチック小説度:★★★★
・「かわいそう」なんて言われたくない!度:★★★★
・笹谷実咲さんに拍手度:★★★★★

◆感想◆
児童養護施設に転職した三田村慎平は、着任初日から先輩職員からキツい指導を受けてしまう。やや憮然としながらも理想にもえて子供たちに接しようとするが…

児童養護施設で暮らす少年少女や、彼らの世話や指導をする職員たちの想いや葛藤、現実の厳しさや強く優しく生きていこうとする姿を描いたドラマチックな小説。

登場人物たちのキャラクターや児童養護施設の風景など、とっても生き生きとしていてリアル。著者のファンなら納得の描写。
色んなトラブルが起きて、それを物語として感動的に構成する展開も見事。
読者サービスや読みやすさはもちろん、物語に込められた想いを読者に過不足なく届けられる有川浩って、天性の作家のような気がする。

そんな作家にアクションを起こした(と想像させる)笹谷実咲さんに拍手。
そうゆう風に思わせるように書いているだけなんだろうか?

自分が精神的に自立を強いられたのは、就職してからだったような気がする。
児童養護施設で暮らす子供たちに比べ、なんと遅いことやら。
未だに自立していないような気もするが、気がするだけだと思うようにしている。

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

魔法使いと刑事たちの夏/東川篤哉

◆読んだ本◆
・書名:魔法使いと刑事たちの夏
・著者:東川篤哉
・定価:1,400円
・出版社:文藝春秋
・発行日:2014/7/30

◆おすすめ度◆
・ユーモアミステリー小説度:★★★
・コミカルなキャラクターの登場人物たち度:★★
・もっと「八王子」を!度:★★★

◆感想◆
「魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?」に続く「魔法使いマリィシリーズ」の第二弾。

キャリアなのにおばかっぽい椿木警部と、彼女に罵倒されることが趣味の変態刑事・小山田聡介と、何故か小山田家の家政婦に収まった魔法使い・マリィが、八王子で起きる事件を解決していく。

魔法を使って事件を解決に導いちゃうという「禁断」の手法は前作同様。
でもミステリーのキモとなる部分はちゃんとミステリーにしているから大丈夫。

登場人物たちのコミカルなキャラクターも前作同様だけれども、トーンダウンしているように感じるのは何でかな。
マリィのいきなりなギャグも物語の中にきちんと取り込まれているけど、ちょっと消化不良のように感じるのは何でかな。

でも暑い夏に消化不良はつきもの。細かいところは気にしない気にしない。
ささっと読める本書は、うだるように暑い夏向きのお気楽ミステリー。

「謎解きはディナーのあとで」の国立度に比べると、「魔法使いマリィシリーズ」の八王子度は明らかに低い。
もっと「八王子」を!

◆関連記事◆
魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?/サイト内
謎解きはディナーのあとで/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

FC2Ad