だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

疾風ロンド/東野圭吾

◆読んだ本◆
・書名:疾風ロンド
・著者:東野圭吾
・定価:648円
・出版社:実業之日本社文庫
・発行日:2013/11/25

◆おすすめ度◆
・B級アクション&ミステリー小説度:★★★★
・はらはらドキドキ度:★★★
・いきなりの大胆展開、さらに二転三転度:★★★

◆感想◆
大学の研究所から秘密裏に保管していた生物兵器が盗まれる。犯人は生物兵器と引き換えに3億円を要求するするが…

白銀ジャックの続編にあたるようなアクションミステリー小説。
スキー場を舞台にした生物兵器捜査をめぐるハラハラドキドキのシーンにくわえ、若者たちの淡い恋や親子のつながりやスキー場パトロール隊員とスノーボード選手の関係などなど、ゲレンデつながりの登場人物たちが盛りだくさんに登場。
それぞれの風景を交えながら、一見バラバラな人物たちが全部つながってくるという構成。

お手軽でささっと読めるミステリーにしながら、二転三転させたうえにひねったラストも。贅沢です。

スキーの滑走シーンも読み応えあるし、お間抜けなシーンもコミカル。
テレビの関係者なら、ドラマ化したくなる小説です。
いきなり犯人が○○○しちゃうもの驚きです。

◆関連記事◆
「疾風ロンド」東野圭吾/雨降りだからミステリでも読もう・・・
東野圭吾「疾風ロンド」/つれづれなるままに読書する ♪
白銀ジャック/東野圭吾/サイト内
東野圭吾『疾風ロンド』PR動画/YuoTube

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

探偵部への挑戦状 - 放課後はミステリーとともに2/東川篤哉

◆読んだ本◆
・書名:探偵部への挑戦状 - 放課後はミステリーとともに2
・著者:東川篤哉
・定価:1,400円
・出版社:実業之日本社
・発行日:2013/11/10

◆おすすめ度◆
・ユーモアミステリー連作短編小説度:★★★
・殺人事件のおきない(拍手)本格学園もの度:★★★
・ご当地ミステリー度:★★★★

◆感想◆
「放課後はミステリーとともに」に続く鯉ヶ窪学園探偵部シリーズの最新作。
前作同様探偵部の副部長・霧ケ峰涼を主役に、鯉ヶ窪学園内で起きる殺人じゃない事件を解決していく連作短編集。

霧ケ峰涼に対抗する「大金うるる」なるエアコン名なヒロインが登場したり、めちゃくちゃ頭脳明晰な探偵部顧問の先生がいたり、UFOマニアの先生や褒められるほど賢くもなく笑えるほど馬鹿でもない生徒やらが登場して大騒ぎ な、ライトノベルテイストのユーモアミステリー。

前作「放課後はミステリーとともに」よりもユーモアや本格度がトーンダウンしたような気がするけど、ミステリー小説につきものの殺人事件をあえて扱わないようにしたり、恋ケ窪地域限定の小ネタを挟み込んだりと、アットホームな雰囲気がが好ましい。

当地ネタをもっとご盛り込んでくれたら、楽天イーグルスの優勝に喜ぶ宮城県民くらい嬉しい。

◆関連記事◆
放課後はミステリーとともに/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

FC2Ad