だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

天冥の標5 羊と猿と百掬の銀河/小川一水

◆読んだ本◆
・書名:天冥の標5 羊と猿と百掬の銀河
・著者:小川一水
・定価:760円
・出版社:ハヤカワ文庫
・発行日:2011/11/25

◆おすすめ度◆
・ハードSF小説度:★★★★
・《展開体》のナゾが明らかに度:★★★★★
・繋がる物語/深まる展開/壮大なドラマ度:★★★★★

◆感想◆
西暦2349年、小惑星パラスで農業を営むタックは、古くなった環境制御装置や家出癖のある一人娘に手を焼きながらも、何とか生計を維持していたが…

お待ちかねの天冥の標シリーズ第5巻。
お待ちかねのしがいのある面白さだ。

農家のタックとその娘・ザリーカの親娘を主役に、農作業の辛さや希望、親娘の葛藤や煩悶を描いたりしたかと思えば、地球からやってきた農学者アニーとの出会いを機に、物語が宇宙規模に膨らんでいく。
ダイナミックだ。

さらに断章として描かれるのは、今まではっきりとした描写がなかった《展開体》について。
ひとつの「種」の半生を見るように面白興味深いぞ。
さらにさらには、断章として描かれていた《展開体》の物語が、表の物語を侵食するように侵して行く。

おおおっ、面白いぞ!
農家のタックの物語と、人類の物語と、宇宙規模の物語が重層する構成。
お見事。あっぱれ。シリーズ後半に超期待。
大河小説の折り返し地点にふさわしい出来だ。

天冥の標Ⅴ: 羊と猿と百掬(ひゃっきく)の銀河 (ハヤカワ文庫JA)

小川 一水 早川書房 2011-11-25
売り上げランキング : 259
by ヨメレバ

読んでいるとき「六本足のサル」とか「羊の脳症」とかのフレーズに出会うと、脳味噌の奥の方で「ビビビビッ」と反応するんだけれど、でもそれはどの物語のどんなシーンだったかという記憶は蘇らなくって、せっかく面白く感じる所を面白がれないんである。
絶対損してる。
口内炎のせいでおいしい料理を堪能できないみたいな。

シリーズの最終巻を読む前には、シリーズのはじめから読み直して面白がってやるっ。
その頃にはシリーズ前半の記憶なんか銀河の彼方だから、初めて読むみたいに面白いはずだ。

◆関連記事◆
天冥の標Ⅴ: 羊と猿と百掬(ひゃっきく)の銀河/基本読書
標、未だ見えず - 中途書評 - 天冥の標 I-V/404 Blog Not Found
天冥5巻面白かった!/怪しい日記・新型
天冥の標1 メニー・メニー・シープ/小川一水/サイト内
天冥の標2 救世群/小川一水/サイト内
天冥の標3 アウレーリア一統/小川一水/サイト内
天冥の標4 機械じかけの子息たち/小川一水/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

祝もものき事務所2/茅田砂胡

◆読んだ本◆
・書名:祝もものき事務所2
・著者:茅田砂胡
・定価:900円
・出版社:中央公論新社 C★NOVELSファンタジア
・発行日:2011/11/25

◆おすすめ度◆
・ミステリー風井戸端会議度:
・ズンズン増えるややこしい登場人物度:
・膨大な前振り度:

◆感想◆
食堂で倒れていた男性を偶然助けた人から、倒れていた男性のその後の安否を調べて欲しいという依頼が舞い込むが…

シリーズ2作目の本書、前作と同じようなミステリー風の時代錯誤なダメダメな大人がいっぱい登場する小説。
はじめに起きる事件はミステリー小説の事件風だけど、その後の展開は噂話に興じる井戸端会議風のどうでもいいような話しの連続。

結婚相手が遺産目当てだとか、親戚が傍若無人の人でなしだとか。
あるいは「男前」のさっそうとした素敵なやり手女性だったり。
類型的で面倒な人達がズンズン増えてきて、ややこしいしイライラするし。
読むのが嫌になるぞ。(ほとんど斜め読みだけど)

おまけにそれが前振りだというトンデモな展開。

いったいどうしたんだ茅田砂胡。

家族や親戚関係で、嫌なことでもあったのか?
ひょっとして「デル戦」の印税を巡って、骨肉の争いとかが起きているとか?
その当てつけが本書だったりして。

帯のコピー「事件はあっても推理はない。無能・空気ヨメナイ・怠惰・体力皆無ー」は、別の意味で合っている悲しさよ。

祝もものき事務所2 (C・NOVELSファンタジア)

茅田 砂胡 中央公論新社 2011-11-24
売り上げランキング : 141
by ヨメレバ

次作は「天使たちの課外活動」シリーズが2012年3月刊とのこと。
怖いもの見たさで買ってしまうんだろうなあ。

◆関連記事◆
祝もものき事務所 (2)(茅田砂胡)/ふらりとゆけ!
「祝もものき事務所2」茅田砂胡/中央公論社/本を貶す
祝もものき事務所/茅田砂胡/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

ヒア・カムズ・ザ・サン/有川浩

◆読んだ本◆
・書名:ヒア・カムズ・ザ・サン
・著者:有川浩
・定価:1,300円
・出版社:新潮社
・発行日:2011/11/20

◆おすすめ度◆
・家族小説度:★★★
・心のひだにしみ込む描写度:★★★★
・こんな父親がステキだ度:★★

◆感想◆
出版社で編集の仕事をしている真也は、品物に残された人間の記憶が見えるという不思議な力があった。同僚・カオルの父親がアメリカから20年ぶりに帰国することになり、カオルに同行した真也は…

「ヒア・カムズ・ザ・サン」と「ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel」の2本の短編からなる本書。登場人物や設定はほぼ同じなんだけど、大きく異なるのはカオルの父親の設定。

天才肌で破天荒、家族の制止をも振り切りアメリカに飛び出して行ったバージョンと、ダメダメ男で意気地なし、見栄っ張りでうだつの上がらないバージョン。
前者が「ヒア・カムズ・ザ・サン」に登場するカオルの父親で、後者が「ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel」に登場するカオルの父親。

そんな父親が中心になって、家族や関係者が振り回されてしまうのだけれど、そこに色々なドラマがあって、愛があって、深い絆があって、みたいな展開。

両極端な父親像だけど、「こんな性格の奴、いるよなあ」なんて思いながらも「親を諦める」なんていう含蓄ある台詞に深くうなずいたりするものの、ちょっと俯瞰して見ればやっぱりこんな面倒な父親は嫌だぞ。
天才もダメダメ男も離れて見る分にはいいけれど、自分の生活圏に入ってくると超大変!

父親が家族を思う気持ち、娘が父親に抱く感情が、心のひだにしみ込むような描写でグッとくるけど、それは著者の描写力が優れているから。
きちんと家族を養い、平凡だけど円満な暮らしをしている父親がやっぱりエラいんである。

ま、それじゃあドラマチックな小説にならないんだけれどね。

ヒア・カムズ・ザ・サン

有川 浩 新潮社 2011-11
売り上げランキング : 182
by ヨメレバ

「本書は演劇集団キャラメルボックスとのクロスオーバー企画として生まれた変わり種の小説」とのこと。
キャラメルボックスは梶尾真治、恩田陸、東野圭吾なんかの小説も舞台化したりして、「やるぅ」な劇団なんだけど、自分は一切見たことないけど知ったかぶりしてみました。

◆関連記事◆
「ヒア・カムズ・ザ・サン」ネタバレなし感想/ペンギンウォーク
『ヒア・カムズ・ザ・サン』発売情報/有川日記
演劇集団キャラメルボックス

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

ゴーストハント7 扉を開けて/小野不由美

◆読んだ本◆
・書名:ゴーストハント7 扉を開けて
・著者:小野不由美
・定価:1,400円
・出版社:メディアファクトリー
・発行日:2011/11/18

◆おすすめ度◆
・ホラー小説度:★★★
・スリーズ最終巻のカタルシス度:★★★
・全巻が入る専用ボックス&冊子は欲しいかも度:★★★

◆感想◆
能登半島から東京へ帰る途中のSPR一行は、道に迷ってダム湖近くのキャンプ場に迷い着く。が、そこでナルは立ちすくんでしまう…

2ヶ月ピッチで順次刊行されてきたゴーストハントも本書7巻目で完結。
例のごとく「ゴーストハント」な事件が展開される一方、ナルやリンの秘密が明らかにされ、シリーズ全体を通してのナゾも分っちゃうという展開。

霊に対しての蘊蓄、霊によるSPRメンバーたちへの恐怖の攻撃、不幸な事件と霊の関わり、なんかを描きながらの大団円。

7巻で起きる事件は、シリーズ全体を通してのナゾに絡んでくるだろうなあ、なんて思っていたけどそうでもなくて。
巻を追うごとに主人公・麻衣のおバカキャラが強烈になっていくようで。
含みを持たせるようなラストも胸キュン&期待あげ?
今更ながら「少女小説だったんだ」と思った次第です。

なんだか「お疲れさま」って感じです。(著者に対しても?)

ゴーストハント 7 扉を開けて (幽BOOKS)

小野不由美 メディアファクトリー 2011-11-18
売り上げランキング : 84
by ヨメレバ

ゴーストハントシリーズ全巻を購入して帯の応募券を送った人全員に「専用ボックス&冊子」がもらえる!
ちょっと欲しいかも。
でも応募券を送るの面倒かも。
それより本棚買って、雑多な本を整理した方がいいかも。

◆関連記事◆
「ゴーストハント (7) 扉を開けて」小野 不由美★★★★☆/藍麦のああなんだかなぁ
ゴーストハント7 扉を開けて/ほん読みブログ
ゴーストハント 7 扉を開けて/まあいいか。
ゴーストハント特設サイト/WEB 幽
ゴーストハント6 鮮血の迷宮/小野不由美/サイト内
ゴーストハント5 鮮血の迷宮/小野不由美/サイト内
ゴーストハント4 死霊遊戯/小野不由美/サイト内
ゴーストハント2 人形の檻/小野不由美/サイト内
ゴーストハント1 旧校舎怪談/小野不由美/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

クロノスの少女たち/梶尾真治

◆読んだ本◆
・書名:クロノスの少女たち
・著者:梶尾真治
・定価:940円
・出版社:朝日ノベルズ
・発行日:2011/8/30

◆おすすめ度◆
・少女向けSF短編小説度:★★★
・愛と友情と冒険度:★★★
・なりたい自分になるために勉強しなきゃ度:★★

◆感想◆
「時間」を扱った、カジシンお得意のSF短編小説2編。
清く正しい少年少女向けの、愛と友情と冒険のSFだ。

中学生を読者ターゲットにしているだけあって、単純明快なドキドキハラハラワクワクホロリな展開。
「彩芽を救え!」は、「クロノスジョウンターの伝説」そのまんまな展開なんだけど、オジサンが読んでもそれなりにドキドキ。
「ああ、友達っていいなあ。家族は大切にしなきゃなあ」なんて中学生みたいな感想を抱いてしまう。

勉強する意味が分からなくなる年頃の読者に向けて、なりたい自分になるためには様々な知識を得ることが大切なんだ、みたいな教訓的な文がチラホラあるけれど、これはちょっと余計かも。
知識不足の実体験がない勉強嫌いな中学生は、そんな忠告程度で勉強するようにはならないし、知識不足の実体験ありまくりの大人だって、いまさら基礎的な勉強なんかしようとは思わないんである(自分のことね)。

本屋の単行本や文庫本のコーナーには置いていないだろうジュブナイル小説本。
ジカジシンファンはお見逃しなく。
ハッピーエンドで読後も爽やかでっせ。

クロノスの少女たち (朝日ノベルズ)

梶尾 真治 朝日新聞出版 2011-08-19
売り上げランキング : 28530
by ヨメレバ

本書を面白く感じた中学生には、ぜひとも「クロノス・ジョウンターの伝説」を読んで感動してもらいたいと、オジサンは思わずにいられない。

◆関連記事◆
「クロノスの少女たち」梶尾真治/時間旅行~タイムトラベル
クロノスの少女たち[本]/成井豊の公式ブログ
クロノスの少女たち(朝日ノベルス)/読書感想未満、駄文以上。
カジシンエッセイ/高橋酒造サイト上にある本人のブログ

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

夢違/恩田陸

◆読んだ本◆
・書名:夢違
・著者:恩田陸
・定価:1,800円
・出版社:角川書店
・発行日:2011/11/15

◆おすすめ度◆
・清冽なホラー小説度:★★★★★
・背筋がゾクゾクしっぱなしの怖さ度:★★★★★
・悪夢のようにリアルな「夢札」度:★★★★★
・混交する夢と現実度:★★★★

◆感想◆
夢を映像化する装置「獏」。浩章は、この装置により記録された「夢札」を解析する「夢判断」を仕事にしている。彼は仕事の帰りに、ある女性の姿を見てショックを受ける。その女性はかつて予知夢を見る女性として注目を集め、事故で死んだはずの女性・結依子だった…

恩田陸、久しぶりのホラー小説は、もうのっけから怖さ全開。
歩道橋で幽霊を見たり、暗い境内に踞る何かがいたり、女将がニッと笑ったりと、背中がゾゾッとするシーンや描写の連続。
夢を映像化した「夢札」のシーンも、リアルな悪夢を見ているようで超ホラー。
さらに「これからどうなる?どうなる!」のサスペンスに富んだ展開。
著者のホラー小説の中でも一番の出来だ。

それでいて、美しく咲く吉野の桜とか、「亜麻色の髪の乙女」が聞こえてきたりするシーンは、怖さの中に清冽さが。
予知夢を見ることに苦悩する結依子も、もの悲しくはかなげだ。
怖さと清らかさが同時に成立している不思議。
終盤にかけて盛り上がる怖さと寂寥感を、春風が吹いたようにぬぐい去るラストシーンも秀逸。

ミステリー小説ではないから、起きる事件に明快な解決はない。
強いて言えばイドとか集合的無意識とかになるのかもしれないけど、そんな野暮なことはこ考えずに恩田陸のホラーワールドを堪能して下され。

夢違

恩田 陸 角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-11-11
売り上げランキング : 905
by ヨメレバ

最近寝ている時に口を「ガチッ」と噛み合わせて、口の内側を噛んで出血、なんてことがよくある。
痛くて目が覚めるんだけど、これって足や腕が「ビクッ」となるのと同じなんだろうか?
夢の中で犬になっているのか?

◆関連記事◆

恩田陸『夢違』/三省堂書店 公式ブログ ルクア大阪店

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

謎解きはディナーのあとで 2/東川篤哉

◆読んだ本◆
・書名:謎解きはディナーのあとで 2
・著者:東川篤哉
・定価:1,500円
・出版社:小学館
・発行日:2011/11/15

◆おすすめ度◆
・本格ミステリー小説度:★★
・ユーモアミステリー小説度:★★★★
・地域密着型エンターテイメント度:★★★★

◆感想◆
売れまくっている「謎解きはディナーのあとで」の続編。
毒舌な執事とお嬢様刑事のコンビが、国立(くにたち)界隈で発生する事件をさらりと解決する、本格にしてコミカルなミステリー短編連作小説。

さすがに本格モノとしてはやや苦しい展開だけど、前作同様軽いノリのユーモアミステリー小説として楽しく読めるし、著者のユーモア感覚が冴えてる。
謎解きの伏線よりお笑いの伏線に感心したりして。

ドラマを見ちゃうと本を読んでいても、櫻井翔と北川恵子がチラチラ頭に浮かんできてややげんなりだけど、それを忘れさせる誘引力があるなあ。

前作は東京の国立(くにたち)が舞台だったけど、本作はさらに国分寺や立川なんかにも足をのばして、地域密着型のエンターテイメントな側面も。
この地域に住んでいるミステリーファンは「ああ、あそこかな?」なんて事件現場に行ったつもりで読むと面白さ倍増なんである。
これはたまたま国立や国分寺に住んでいる人の特権ですね。

「寝る前に読む本」にはうってつけ。
さらっと読んで、アハハと笑って、ぐっすり眠れます。

謎解きはディナーのあとで 2

東川 篤哉 小学館 2011-11-10
売り上げランキング : 4
by ヨメレバ

先着順でクリアーファイルのおまけがついてる!
しっかりゲット。
でもA5サイズで使い道なさそう。

◆関連記事◆
『謎解きはディナーのあとで2』(東川篤哉著、小学館刊)/ミステリ通信 創刊号
『謎解きはディナーのあとで 2』東川篤哉著/MSN産経ニュース
謎解きはディナーのあとで 東川篤哉/小学館 特設サイト
謎解きはディナーのあとで/東川篤哉/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

消失グラデーション/長沢樹

◆読んだ本◆
・書名:消失グラデーション
・著者:長沢樹
・定価:1,500円
・出版社:角川書店
・発行日:2011/9/30

◆おすすめ度◆
・納得の本格ミステリー度:
・バスケットボールにかける青春度:
・驚きのどんでん返し度:★★

◆感想◆
高校のバスケ部を舞台にした本格ミステリー小説。
横溝正史ミステリ大賞の大賞受賞作で、「歴代受賞作の中でも三本の指に入る逸品」とか「わたしが読んだ中で最高の傑作」なんていう選考委員のコメント付きで、「なんか面白そう!」と期待させる一方、アマゾンのレビューでは「そうでもないよ」みたいな書き込みがあったりして、「どっちなんどよ、いったい」なミステリー小説。

読んでみると「やっぱ本格って、自分には全然合わないのを実感」みたいな感想。

読者をミスリードする書き方をして、最後にびっくりさせて、だからって面白いのかな?
登場人物の描写も展開も、びっくりさせるためだけに存在するようだだし。
高校のバスケ部が舞台なのに、全然爽やかじゃないし。

普通は歩いたりできないって。
いくら上手でも当らないって。
そんな都合のいい人はいないって。
何人いれば気が済むのか。どんだけ~

と、文句ばっかりの感想でした。
裏切られた期待をぶちまけてしまいました。
失礼しました。

消失グラデーション

長沢 樹 角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-09-26
売り上げランキング : 23476
by ヨメレバ

◆関連記事◆
消失グラデーション 長沢樹/角川書店(選考委員選評、著者インタビューあり)
『消失グラデーション』(長沢樹、角川書店、1500円)/積ん読パラダイスinBlog
書評 第31回横溝正史ミステリ大賞 『消失グラデーション』/新人賞をとって作家になる!
消失グラデーション 長沢樹/夜思比売の栞

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

FC2Ad