だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

身の上話/佐藤正午

◆読んだ本◆
・書名:身の上話
・著者:佐藤正午
・定価:1,600円
・出版社:光文社
・発行日:2009/7/25

◆おすすめ度◆
・数奇な運命の物語度:★★★★
・特異な登場人物達度:★★★
・宝くじは覚悟を決めて買おう度:★★★

◆感想◆
東京に戻る不倫相手との別れを淋しく思ったミチルは、仕事の途中だというのに男と一緒に着の身着のまま東京行きの飛行機に搭乗してしまい・・・

本書は「ダカーポ 最高の本!2010」の国内ミステリージャンルで第1位だった本。
佐藤正午というと「恋愛小説の作家」という印象だったけど、こういうミステリー小説っぽいのも書くんだ。
けど、ミステリー小説というより数奇な運命の物語といった趣き。

ぽわーんとした雰囲気の書店員ミチルが、妻子持ちの男とデキちゃって、衝動的に東京まで付いて来て。
この後一体どんな恋愛関係の修羅場が待ち構えてるのか!?という予想とは裏腹に、宝くじに当籤したり奇妙な後輩とその彼女などの脇役が登場し始めてミステリアスな展開に。

でもこれはミステリー小説じゃないよね。
ミステリー風味の恋愛小説?
書店員ミチルの数奇な運命みたいな。

脇役で登場するミチルの後輩男性やその彼女は、ちょっと変!でミチルの運命を左右する存在。なのに、存在感が薄い。
もうちょっと変な理由を書き込んでほしいところ。
丹念な文章や展開描写にも、ミステリー的な仕掛けは薄い。

ミチルが主役の数奇な運命の物語として読めば、彼女の「土手の柳は風まかせ」な性格設定にも納得?

1002231922.jpg
【その日】から読む本/ウィキペディア

ミチルが買った宝くじが高額当籤しちゃうことが、彼女の運命を変えて行く要因に。
ホント、宝くじって人生を変えるみたいだ。
大切な友人を失ったり、お金も信用も無くしたり。

そんな不幸な結果に陥らないためにあるのが、本書でも触れられてる「その日から読む本」!
「受け取った当せん金は、とりあえず安全な場所へ」とか「ひとりでも人に話せば、うわさが広まるのは覚悟しよう」とか「もしもの時のために遺言状を作る」とか、適切?なアドバイスが書かれている、高額当籤者に対して無料で配布されている小冊子。

当籤した後の計画を十分検討しておけば、幸せな億万長者生活が!!

その前に宝くじ買わないと。

◆関連記事◆
佐藤正午:身の上話/三浦天紗子 Friday新刊チェック
身の上話/佐藤正午/記憶の記録
身の上話 佐藤正午/ちょっとお話
身の上話 佐藤正午/カンガルーは荒野を夢見る
「身の上話」 佐藤正午/おりおん日記

身の上話
身の上話
おすすめ平均
stars竹井輝夫とは?
stars構造の深さがいまいち
stars一気読み必至。
stars佐藤さんの小説では群を抜いて面白いです!
stars読み出したら止まらない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
bk1で詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

もいちどあなたにあいたいな/新井素子

◆読んだ本◆
・書名:もいちどあなたにあいたいな
・著者:新井素子
・定価:1,500円
・出版社:新潮社
・発行日:2010/1/20

◆おすすめ度◆
・SFファンタジー小説?度:★★
・ゾクゾクホラー小説?度:★★★
・コミカルミステリー小説?度:★★

◆感想◆
大好きな和おばちゃんの、ちょっとした言葉使いや体の変化に違和感を覚えた澪湖は、おばちゃんに何かが起きているように思えて不安になるが・・・

「異星人に乗っ取られたおばちゃん?」みたいな出だしで始まる、新井素子の長編小説。
7年ぶりの書き下ろしということだけど、相変わらずのマンガチックな描写と展開に「ああ、新井素子だ」と安心する。
少女向けのコミックを読んでいるみたいな感じ。

新井素子って、なんか「女子校生のノリ」というイメージがあって、著者の風貌も「女子校生」ぽいし、小説の内容や展開もライトノベル風。
ハードな展開やシリアスな描写がないかわりに、女性的な心の内の葛藤や他者への深情を描き出すシーンが絶妙?

「おばちゃんは異星人に乗っ取られてしまったのか?」というのが物語の中心なんだけど、読み終わった後考えると、おばちゃんの立場はとてつもなくホラー。
従来手法のどんでん返し的全取っ替えシチュエーション。
本当なら怖くていたたまれない。
だから、もいちどあなたにあいたくなるのね。

もいちどあなたにあいたいな
もいちどあなたにあいたいな
おすすめ平均
stars変わらない
stars期待はずれでした
stars裏切られた気がします
stars若い世代はこれをどう読むのだろう
starsまずはあとがきから

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
bk1で詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
BOOK OFFで詳しく見る icon

本書の内容とは直接関係ないんだけど、文中に「うべなわない」という言い回しが出てくる。
「うべなわない」??

「うべなう」で「もっともであると思う。同意する。」という意味なのね。
漢字は「諾う」

あんまり目にしない言葉だけど、漢字を見ると何となく意味は分かるね。
そのうちネプリーグで出題されるかも。
(ネプリーグで出題される難読漢字が分かったとき、なぜかほくそ笑んでしまうのは俺だけ?)

◆関連記事◆
新井素子『もいちどあなたにあいたいな』/第弐齋藤
『もいちどあなたにあいたいな』(新井素子)/読売新聞社 本屋さんへ行こう!
新井素子『もいちどあなたにあいたいな』/三省堂書店 公式ブログ 京都駅店
『もいちどあなたにあいたいな』新井素子著/新s あらたにす(日経・朝日・読売)(著者へのインタビュー記事)


テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

パチプロ・コード/伽古屋圭市

◆読んだ本◆
・書名:パチプロ・コード
・著者:伽古屋圭市
・定価:1,400円
・出版社:宝島社
・発行日:2010/2/19

◆おすすめ度◆
・コメディタッチのミステリー小説度:★★★★
・パチンコ裏業界の犯罪度:★★★★
・巻き込まれ型コンゲーム度:★★★★

◆感想◆
会社を首になりパチプロとして生活している山岸は、パチンコ屋で隣に座った美女からボロい儲け話しを持ちかけられて・・・

題名からしてコミカルな印象のパチンコミステリー(パチンコミステリー!)小説。
これがなかなか面白い。

美女の儲け話しを疑いつつも、細工されたパチンコ台で大もうけする山岸。しかしちょっと調べると濃厚な怪しい気配が。
美女とは縁を切ろうとするが、なんだかんだでドンドン事件に巻き込まれていくという展開。

パチンコ裏業界の住人とその仲間?2人(ぼろ儲け美女と暗めの頬傷男)を脇役に、暗号トリックやパチンコ業界裏話などを混ぜつつ、パチプロ山岸が悪戦苦闘する。

登場人物もうまく描けてるし、美女と山岸のコミカルな駆け引きも愉快だし、裏業界の話しも面白いし、癖のない文章はとても読みやすい。
これで新人?と思わせる達筆ぶりだ。
おまけに著者はパチプロというアウトローぶりも愉快。

どっかのテレビ局が絶対ドラマ化するようなコンゲーム小説だ。

パチプロ・コード
パチプロ・コード伽古屋 圭市

おすすめ平均
starsパチンコにまつわる裏の話というよりも

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
bk1で詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る

一気に読んでしまった本書は「このミステリーがすごい!」大賞の第8回優秀賞受賞作。
ちなみに大賞を受賞した「トギオ」もチラッと読んでみたんだけど、こっちはいまいち面白くない。自分には苦手な「粘膜蜥蜴」とか「独白するユニバーサル横メルカトル」系のヘンテコ小説だ。

優秀賞より大賞の方がエラいんだけど(何たって優秀賞は賞金200万円だけど大賞は1,200まんえん!)、自分には優秀賞のほうが俄然面白いとはこれいかに。

◆関連記事◆
パチプロ・コード 伽古屋圭市棒日記VII
(書評)パチプロ・コード/新・たこの感想文
【本】パチプロ・コード(伽古屋圭市)/映画細胞~CinemaCell

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

メモリー・ラボへようこそ/梶尾真治

◆読んだ本◆
・書名:メモリー・ラボへようこそ
・著者:梶尾真治
・定価:1,300円
・出版社:平凡社
・発行日:2010/1/25

◆おすすめ度◆
・ロマンチックSF小説度:★★
・ビターファンタジー(なんのこっちゃ)度:★★
・定年後のサラリーマンと、仕事に打ち込んでる女性へ度:★★

◆感想◆
人の「おもいで」を取り出したり、他の人に植え付けたりできるメモリー・ラボ。その「おもいで」にまつわるロマンチックSFの中編2本。

カジシンらしいテーマと展開の物語。
表題作の「メモリー・ラボへようこそ」は、仕事一本槍の男性が定年退職したのち、仕事以外に何もない人生を振り返って・・・という展開。
ちょっとひねりを効かせた内容で、定年退職直後のおじさんには導入部の展開はやや辛いかも。
落ちもダブルパンチでかわいそうみたいな。

二編目の「おもいでが溶ける前に」は、展開にちょっと無理があるなあ。
でも親子をテーマにした物語に、バリバリ仕事女子はホロッと来るかも。

メモリー・ラボへようこそ
メモリー・ラボへようこそ
おすすめ平均
starsどこかで見たような

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
bk1で詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る

本書では頭にセンサーを取り付けて記憶を読み取ったり、植え付けたりする装置が出てくるけど(詳細な描写はほとんどないけど)、ま、いずれメモリースティックみたいなのを鼻に突っ込むと(耳でもいいんだけど)、記憶を取っといたり読み込んだりできるようになるんだろうな。

グーグルがないとなんにも分からないようになってきちゃって、パソコンがないとクルクルパー状態なおれ。
早く「メモリースティックカシャ!」になってほしいところだ。

◆メモリー・ラボなお話し◆
立花隆最前線報告 「サイボーグ技術が人類を変える」
記憶障害を救う、シリコンチップの人工海馬

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

カッコウの卵は誰のもの/東野圭吾

◆読んだ本◆
・書名:カッコウの卵は誰のもの
・著者:東野圭吾
・定価:1,600円
・出版社:光文社
・発行日:2010/1/25

◆おすすめ度◆
・ミステリー小説度:★★★★
・新人なら傑作だけど東野圭吾なら佳作度:★★★★
・先の読めない展開/グイグイ読んじゃう度:★★★★

◆感想◆
世界的なスキーヤーでありながら、メダルには届かなかった緋田。現役を引退した彼は、自分の幼い娘を世界的なスキーヤーに育てるのが夢となったが・・・

娘のスキーの才能に驚きと喜びを見つける緋田、緋田の妻の自殺と親子に隠された真実、遺伝子レベルでスポーツの能力を解明しようとする研究所の存在。
本書の題名から容易に類推できる内容と展開なんだけど、さすがは東野圭吾、読みはじめたら止められない。
読み手の一歩先を行く展開で、いつのまにやら時計の針は夜中の3時。
やっぱり寝る前に読みはじめてはいけないなあ、好きな作家の本は。

新人作家なら「傑作!」と言いたいところだけど、東野圭吾だとササッと書き上げているような印象で、そのムリムダムラのなさ(生産技術者か?)が逆に評価をおとしめかねないか。
でも「もっと面白く!」と期待しちゃうのがファン心理なのだ。

バイアスロン目黒香苗選手
バイアスロン目黒香苗選手/Annex of TK Sports Shooting


東野圭吾には「夢はトリノをかけめぐる」という著書があるくらいウインタースポーツ好き。
「カッコウの卵は誰のもの」でチラッと出てくる冬期戦技教育隊の話しなんかも書いてあったりして。

その冬期戦技教育隊の練習風景を取材している著者は、広末涼子に似た目黒香苗という選手に会うんだけど、ひょっとして「カッコウの卵は誰のもの」のヒロイン緋田風美は、彼女ががモデル?
(確固たる証拠があるわけじゃなく、思いつきですが・・・)

◆関連記事◆
カッコウの卵は誰のもの(東野圭吾/光文社)/酔眼漂流記
『カッコウの卵は誰のもの』(東野圭吾)/本屋さんへ行こう!
カッコウの卵は誰のもの/Footballに夢中 スポーツナビ+
カッコウの卵は誰のもの/東野圭吾さんのファンブログ

カッコウの卵は誰のもの
カッコウの卵は誰のもの
おすすめ平均
starsフェイク
stars人間愛
stars旅情感もあってよし
starsやはり、すごい東野圭吾!
starsタイトルに込められた二つの意味と予想させない展開

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

夢はトリノをかけめぐる (光文社文庫)
夢はトリノをかけめぐる (光文社文庫)
おすすめ平均
starsつまらない
starsはあ・・・
stars東野氏のエッセイは...
starsトリノオリンピック観戦記
starsNumberの様な本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

数えずの井戸/京極夏彦

◆読んだ本◆
・書名:数えずの井戸
・著者:京極夏彦
・定価:2,000円
・出版社:中央公論新社
・発行日:2010/1/25

◆おすすめ度◆
・京極版「皿屋敷」度:★★★★★
・登場人物の見事な描写度:★★★★★
・細かい作り込みがいちいち面白い度:★★★★★

◆感想◆
京極版の怪談「皿屋敷」。
本家の「皿屋敷」は噂程度にしか内容をしらないけれど、京極版の皿屋敷「数えずの井戸」は、登場人物がちょっとずつ精神を病んでいるような描写にゾクゾクするような物語。

人の心の中にある、ちょっとした強迫観念やわずかな狂気。それを抽出して増殖させて人型に成形して命を吹き込む。
どこかにいるようでどこにもいそうにない、それでいてリアルな人物。
非現実的だけど、感情移入してしまいような性格を浮かび上がらせておき、ストンと物語世界に落とし込む。
なんでこんなに納得してしまうんだろう。
自分がいろんな強迫観念にとらわれているのか?

それぞれ特徴的な強迫症状を呈しながら、しだいに絡み合う人物と物語。
探し求める「皿」を契機に、強迫観念は狂気的行動に爆発する。
唯一救いとなるお菊の無垢さが、美しいがゆえにはかない。

1001281439.jpg
姫谷焼絵皿

文章、構成、装丁など、「幽談」や「厭な小説」に繋がるような完成度の高さ。
物語の内容だけでなく、「本」という形あるものに完璧さを求める著者のこだわり(章の書き出し、表紙とカバーなど)がいちいち面白い。
著者のこの「こだわり」は強迫観念に近いものがあるぞ。

数えずの井戸
数えずの井戸
おすすめ平均
stars真実は凡て井戸の闇
stars数えずの思惑と人間模様
stars好きです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
bk1で詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る

◆関連記事◆
数えずの井戸 特設ページ/中央公論新社
数えずの井戸 / 京極夏彦/uruyaの日記
京極夏彦『数えずの井戸』/ひとりごと
数えずの井戸 京極夏彦 中央公論新社/ミユウのいろいろ日記
『数えずの井戸』/京極夏彦/蒼のほとりで書に溺れ。
幽談/京極夏彦/サイト内
厭な小説/京極夏彦/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

FC2Ad