だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

落照の獄 十二国記/小野不由美

◆読んだ本◆
・書名:落照の獄 十二国記
・著者:小野不由美
・定価:750円(雑誌yom yomの価格)
・出版社:新潮社
・発行日:2009/9/26

◆おすすめ度◆
・十二国記度:★★★★
・苦悩する官吏度:★★★★
・死刑の是非度:★★★★

◆感想◆
雑誌yom yomに掲載された、十二国記ファン待望の最新短編。
柳国で起きた殺人事件と、それを裁く官吏の物語だ。

八歳の少年がわずか十二銭のために扼殺される。捕らえた犯人を追求すると、合わせて23人を殺害したことを自供するが・・・

ケダモノの仕業としが思えないような犯行。
不安から犯人を死刑にせよと望む民衆。
最近増えてきたかにみえる極悪犯罪。

「死刑を行ってはならぬ」という主上からの命と、はたしてケダモノのような犯人を生かしておくことにどのような意味があるのかと自問する官吏。

現代の死刑廃止論にかけた十二国記ならではの展開に、うなる。

「ケダモノ」なのかどうかが判断の分かれ目というテーゼが、眼から鱗というか、新鮮で明瞭なよりどころに見える。

短編なんだけど読みごたえ充分の物語。
結末も十二国記の世界ならではで、完成度高し。
それにしても十二国記はウェットで重たいテーマが多いよなあ。


yom yom (ヨムヨム) 2009年 10月号 [雑誌] yom yom (ヨムヨム) 2008年 03月号 [雑誌]


書籍化されていない十二国記シリーズに、雑誌yom yomに掲載された「丕緒の鳥」という短編がある。
あんまり雑誌で小説を読むことはないんだけれど、いつ本になるか分からないし、アマゾンで買っちゃおうかと。

そしたらバックナンバーは売り切れ。古本で2,000円以上するんである。
おお、人気あるのね十二国記。
そう言えば「落照の獄」の掲載されているyom yomも、本屋で山積みになってたなあ。


◆他サイトの感想◆
☆☆私的ハマリモノ日記☆☆
宵の徒然
映画鑑賞日記

【“落照の獄 十二国記/小野不由美”の続きを読む】

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

新参者/東野圭吾

◆読んだ本◆
・書名:新参者
・著者:東野圭吾
・定価:1,600円
・出版社:講談社
・発行日:2009/9/18

◆おすすめ度◆
・刑事物ミステリー度:★★★
・東京下町人情話度:★★★★
・短編連作集/繋がる物語度:★★★★

◆感想◆
東京の日本橋でひとり暮らしの女性が絞殺される。この地に着任したばかりの刑事加賀恭一郎は、犯人捜査を行うが・・・

まるで宮部みゆきが書いたんじゃないかと思うような、東京の下町を舞台にした人情味あふれるミステリー。

殺害された女性の関係者を調べながら、それぞれの家庭や人間関係に潜むちょっとした謎を解き明かす。
そこには下町ならではの人情味あふれる出来事が。

そんなほんわかした話しで終わらないのが東野圭吾。
連作短編集という構成で、各短編で落ちはあるものの、それが見事に繋がりあって完結するという。

お見事!

でもホント、宮部みゆきの小説のようだ。


0909241137.jpg
こんな物が出てきました・・・


物語の中で「50円玉で作った指輪」が重要なアイテムとして使われる場面がある。
あんまり聞いた事ないなあ、とおもってグーグルに聞いてみると、5円玉で指輪を作る話しが。
作るのは非常に大変だけど、これを思いの女性にあげることが当時の流行だったよう。

ロマンチックだ!

かといって自分で作ろうとは思わないけど。


新参者
新参者
おすすめ平均
stars表紙の絵
stars優しい眼差し
starsほのぼの、さらり
stars普通に面白い程度かな
stars加賀ファン必読!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

児童・少女向けファンタジー読み比べ

「獣の奏者」を読んでからというもの、児童・少女向けファンタジーに夢中なんである。
あちこち調べて拾い読みして。
でもなかなか「おじさんが読んでも面白い!」というファンタジーに巡り会わない。
ということで、今まで拾い読みしたファンタジーの読み比べ感想。
おじさんが読んでも面白い順に紹介。



十二国記 小野不由美 ★★★★★

やっぱりなんといっても「十二国記」シリーズは最強。
少女向けという体裁だけど、著者はそんなことにおかまいなく漢字バンバン使って書いているし。
思うに、読んだファンタジーを面白いと感じるかの基本には、その物語世界を受け入れられるかどうかがある。
十二国記は著者が細かい部分まできっちり世界を構築して書いている所が素晴らしく、異世界だけどリアリティがある。
それに、国を治めるこや人間関係に悩む主人公たちが様々な困難を乗り越えて成長していく過程を描いている内容は、分かりやすく普遍的。
テーマはやや重たいが、おじさんが読んでも面白い。というか読まないと損!
新刊はもうでないのだろうか?

十二国記/ウィキペディア

月の影 影の海〈上〉 十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート
月の影 影の海〈上〉 十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート
おすすめ平均
stars上巻は読んでいて少し辛い
stars素晴らしい!
stars命を棄てる程の絶望
starsありじごく
stars夢中になった

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





獣の奏者 上橋菜穂子 ★★★★★

上橋菜穂子には「守り人」シリーズ(★★★★★ バルサが腕を叩ききるシーンは秀逸!)というファンタージもあって、これもものすごく面白いが、シリーズ全体の完成度は「獣の奏者」の方がわずかに上か?

動物や自然を愛するエリンという少女が主人公。
あるきっかけて獣の王である「王獣」という動物と心を通わせながらも、戦闘用に飼育される王獣を自然に解き放ちたいと願う彼女の心の葛藤を描いた物語。
自然の生き物を戦闘に利用しようとする人間、孤高の獣「王獣」、その狭間で道を開こうとするエリン。
十二国記にように、読者を児童や少女に限定せずに書いている所が、おじさんでも面白い所以か。
「守り人」もそうだが、物語に強い力があるなあ。

獣の奏者/ウィキペディア

獣の奏者〈1〉闘蛇編 (講談社文庫)
獣の奏者〈1〉闘蛇編 (講談社文庫)
おすすめ平均
stars目には映らないものを感じる力
stars「自然」との共生
stars読み出せば止まらなくなる
stars面白い!
stars人が成長する物語

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





デルフィニア戦記 茅田砂胡 ★★★★

これは少女向けの異世界ファンタジー。
美男美女が登場して、いかにも少女小説なんだけれど、展開のうまさ、描写のみごとさは素晴らしい。
かわいらしい服がどうしたとか、とんでもなく美しい主人公とか、おしさんには馴染めないところもあるけれど、それを差し引いても一気読み間違いなしの合戦物。
王様には、美しく強い妃がよく似合う。
読後もすかっと爽やかなのがいいぞ。
悩み苦悩する十二国記の主人公もいいが、単純明快・勧善懲悪の本書も素晴らしい。

デルフィニア戦記/ウィキペディア

放浪の戦士 (C・NOVELSファンタジア―デルフィニア戦記)
放浪の戦士 (C・NOVELSファンタジア―デルフィニア戦記)
おすすめ平均
stars一冊目を読むと止まらない。
stars初めての長編ファンタジー小説にどうぞ
stars期待のもてるファンタジー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





銀の海 金の大地 氷室冴子 ★★★

古代の日本を舞台にしたラブストーリー?
不思議な霊力を持ちながらも、疎外される存在である主人公。
人々から受け入れられない主人公の苦悩と、仲間意識と、彼らの持つ霊力が、大きく世界を変えていく・・・?

未完の大作です。おまけに絶版です。
こう言われると読みたくなるのが人の常。
でも「十二国記」と比較すると、物語の厚みというか展開の奥行きというか、物語の世界や登場人物が一回り小さく見えるのは致し方ない。
読む前の期待が大きすぎたかも。
この設定と登場人物では、再刊しようという気骨のある出版社はないだろう。
(最近は古本屋巡りをしなくても、アマゾンで買えちゃうから便利だ)

銀の海 金の大地―古代転生ファンタジー (コバルト文庫)
銀の海 金の大地―古代転生ファンタジー (コバルト文庫)
おすすめ平均
stars早く続きを書いてくれ!!!
starsコバルトにしておくのは勿体ない!
stars壮大な物語の始まり

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





西の善き魔女 荻原規子 ★★★

田舎で育ったフィリエルは、伯爵家で開催された舞踏会に参加する。そこで彼女が王家の血をひく姫であることがわかり・・・という「シンデレラ」風のはじまりだが、実は1巻しか読んでいない。
なんかあんまり2巻目を読みたくならないんだな。
展開がオーソドックスすぎる?
ドキドキハラハラしない?
やっぱり少女向けの読み物か。

西の善き魔女/ウィキペディア

西の善き魔女〈1〉セラフィールドの少女 (中公文庫)
西の善き魔女〈1〉セラフィールドの少女 (中公文庫)
おすすめ平均
stars読み進めるのが楽しみな作品
starsずぶとく生きる
stars★★★★
starsちょっと…
starsこれは...少女マンガだ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





彩雲国物語 雪乃紗衣 ★★★

彩雲国を舞台とした中華風ファンタジー。
名門の家系ながら貧乏暮らしの少女が、王宮に入って王の教育係を仰せつかるという、若さと美青年たちが登場する物語。
じつは本書も1巻しか読んでいない。
「銀の海 金の大地」も「西の善き魔女」も「彩雲国物語」も、どれも同じような感じ。
王とか、虐げられた生活とか、頑張る主人公とか。
どのファンタジーもそれらを題材にしているが、読者層を意識して書いているかどうかが大きな違い。
「銀の海 金の大地」「西の善き魔女」「彩雲国物語」は、おじさんが生まれ変わったら、少女の時に読んでみたいぞ。

彩雲国物語/ウィキペディア

彩雲国物語―はじまりの風は紅く (角川ビーンズ文庫)
彩雲国物語―はじまりの風は紅く (角川ビーンズ文庫)
おすすめ平均
stars設定と文の雰囲気が合っていない……。
stars人気がある作品と…
stars今更ですが
stars「アニメ原作」としての位置づけ
starsキラリと光るものがない――

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





レイチェルと滅びの呪文 クリフ・マクニッシュ 

うーん、これは本当の児童向けか。ファンタジーというより童話。
よく最後まで読んだと自分を褒めてあげたいくらい、馴染めない内容。
小学校低学年のお嬢さんに是非!

レイチェルと滅びの呪文
レイチェルと滅びの呪文堀内 亜紀

おすすめ平均
stars面白い。
starsシステムエンジニアが書いたファンタジー
starsもう一つかな・・・
starsあともう少しなんだけど・・・
starsスピード感がある展開

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





というこで、おじさんが読んでも面白いファンタジーは「十二国記」「獣の奏者」(「守り人」も)「デルフィニア戦記」。
読んで損なし、読まないと損!!

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

FC2Ad