だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

弥勒世/馳星周

◆読んだ本◆
・書 名:弥勒世
・著 者:馳星周
・出版社:小学館
・定 価:上1,800円 下1,800円
・発行日:2008/2/25

◆評価◆
・魂を取り戻そうとあがく男の物語度:★★
・虐げられ続けた沖縄と米軍との軋轢度:
・行動とは裏腹に、奇異なほど若い精神の主人公度:

◆感想◆
ベトナム戦争や本土復帰に揺れる沖縄。新聞記者の尚友は、沖縄にも、卑屈な自分にも、すべてに対して嫌気がさしていた。そんなおり米軍の関係者から、スパイまがいの情報収集活動を依頼され…

日本本土や米軍から虐げられる沖縄。彼らに迎合する沖縄。ベトナム戦争に送られる米兵たちの鬱屈と、彼らをとりまく沖縄の住民。
そんないろんなわだかまりを背景に、物語は展開する。

主人公は共に施設で育った尚友と政信。
頭がよく如才ない政信に、尚友はずーっと劣等感を感じている。
一方政信も沖縄のありかたに不満をかかえ、やくざなどの人脈を使ってある計画を企てる。

男達が企てる計画は展開が遅くて、読んでいてややつらい。
要所要所で触れられる、自分の居場所のなさと無くした魂についての描写も、昔の著者だったら、とっくに殴り合ったり殺し合ったりとエスカレートしているはずが、心象風景が繰り返されるばかりで、なかなか進行しないし。

そんな展開の中でもひとつ奇異なのは、主人公尚友と恋人の関係。
半分ならず者の尚友なのに、恋人に対しては高校かと思わせるような若い感情で接する。彼女に大しての感情を持て余し、自分を理解してくれないだろうことにいらつき、かと思えば甘える。

なんだかチグハグだ。
つらいことがあったからといって、彼女の膝で泣くような男が主人公のノワールなんて、過去には想像つかなかったぞよ。
どんな男にだって、弱々しくなったり女性に甘えたり戸惑ったり心と裏腹な言葉を投げつけてしまうことはあるけれど、それをそのまんま書いてはプライベートすぎてなじめない。ちょっと赤面だ。

ラストも、長い助走の割には飛んでないし。
「それじゃ、もっと納得のいく文章をお前が書いてみれ!」といわれても書けないんだけどね。

弥勒世/馳星周の表紙
  

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

もう誘拐なんてしない/東川篤哉

◆読んだ本◆
・書 名:もう誘拐なんてしない
・著 者:東川篤哉
・出版社:文芸春秋
・定 価:1,200円
・発行日:2008/1/30
     
◆評価◆
・ユーモアミステリー度:★★★★
・お茶目なヤクザと天真爛漫な女子高生とあたふたする青年度:★★★★★
・大笑い度:★★★★

◆感想◆
たこ焼きのアルバイトをしていた翔太郎は、若い女性の悲鳴を聞く。見るとセーラー服の女子高生が、自分の方に駆けてくるではないか。彼女は翔太郎のも駆け寄ると、「助けて! 悪い人たちに追われているの!」…

ヤクザの娘にして女子高生の絵里香。キュートで大胆な彼女と、ひょんなこと狂言誘拐を計画する。
「小鳩組」みたいなかわいいヤクザや、べらんめえ口調の組長の娘など、そのまんまコメディドラマになりそうな愉快な面々がとっても楽しい。
天真爛漫な絵里香と、ドジで間抜けな翔太郎の掛け合いは大笑い。

最後は本格ミステリーばりのトリックもあったりして、著者のサービス精神満タンなお笑いミステリーだ!
直前に読んだ、鬱屈している「弥勒世」の後のお口直しに最適。
お口直しじゃなくても、十分おいしい!

もう誘拐なんてしない/東川篤哉の表紙
 

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

流星の絆/東野圭吾

◆読んだ本◆
・書 名:流星の絆
・著 者:東野圭吾
・出版社:講談社
・定 価:1,700円
・発行日:2008/3/5

◆評価◆
・ミステリー(ちょっと出来過ぎ)度:★★★★
・想定外の展開(やっぱ愛だよね)度:★★★★
・どんでん返し(やや不満)度:★★★★

◆感想◆
功一、泰輔、静奈の幼い兄妹は親の目を盗んで夜中に家を出て、近くのニュータウン建設予定地に行く。ペルセウス座流星群を見るためだ。残念ながら曇り空のため流星群を見ることなく帰ってきた兄妹は、両親が惨殺されているのを発見する…

さすがは売れっ子の著者、読者を引き込む展開や、物語のメリハリ、登場人物たちの描写などなど、出来過ぎなくらい素晴らしい。
読む方は一生懸命になるっちゅうもんだ。
読んで損なしの一冊。
ハヤシライスも無性に食べたくなるし。

しかしちょっと物足りない気も。ガツンとくるものがないような。
クールで賢い功一はワルになりきっていないし、どんな業界の人間にも成り済ませる泰輔も、その天才的演技力の割には凡庸な頭脳だし。
2人とも特徴はあるものの、インパクトのある性格に設定されていないところが、やや不満。
だが2人に共通するのは妹の静奈を思う気持ちだ。

そんな二人の兄を持つ静奈は、美貌を誇る割には一途な女性。
この兄妹の関係が物語の肝。
静奈に感情移入できる女性の読者なら、感動的結末に身震いする?

流星の絆/東野圭吾の表紙
 

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

月のころはさらなり/井口ひろみ

◆読んだ本◆
・書 名:月のころはさらなり
・著 者:井口ひろみ
・出版社:新潮社
・定 価:1,200円
・発行日:2008/1/30
     
◆評価◆
・さわやかファンタジー度:★★★
・逃避する心と、受け入れる場所度:★★
・むかしスプーン曲げができた人へ度:★★★

◆感想◆
高校生の悟は、母と一緒に山奥の庵を訪れる。そこはかつて母が世話になった所だというのだが、どこか不自然な母の振る舞いに悟は不安と焦燥を募らせ…

「鈴鳴らし」「魂降り」といった言葉からイメージされる通りの、ちょっと不思議な力を持った少年達の物語。
御千木という人里離れた山奥。そこに住む老女と、人見知りする美しい少女。
少女の友達の真という生意気な小学生。
夏の日に出逢う少年達の交流。

あーなんか爽やかだ。
「不思議な力」も物語のメインテーマではなく、少年達の関わりと、彼らの境遇を象徴するための小道具として使われているだけで、メインは少年達の境遇といったところか。

蚊帳を張ったり、五右衛門風呂に入ったり。
夜中に庵を抜け出して、3人で祠にお参りしたり。
物語を読むだけで、奥深い森の息吹と降るような星空の世界を満喫できる。

ラストは、ミステリー小説だったんだ的な、やや残念な展開になってしまったが、昔はスプーン曲げができた山村出身の人に、読んで欲しい一冊だ。

月のころはさらなり/井口ひろみの表紙
 

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

環境問題のウソ”のウソ/山本弘

◆読んだ本◆
・書 名:”環境問題のウソ”のウソ
・著 者:山本弘
・出版社:楽工社
・定 価:1,200円
・発行日:2008/1/15

◆評価◆
・環境問題評論度:★★★
・「環境問題のウソ」に対する強烈な反論度:★★★★
・「環境問題のウソ」の著者に対する突っ込み度:★★★

◆感想◆
環境問題はなぜウソがまかり通るのか」という大学教授が書いた本が、いかにいいかげんなデータによるものかを暴いた、暴露本。

ペットボトルのリサイクルに関して、そのデータの出典から数値、計算方法まで細かくトレースし、「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」のデータがいいか げんであることを暴くとともに、著者の大学教授武田邦彦氏に対する直接対決を含めた愛と勇気の凶器攻撃を仕掛ける!

場外乱闘になりそうでワクワクしながら読んだけど、当然2人とも大人だから凶器攻撃は出ない。残念だ。

というか、そんなところにこの本の面白さがあるのではない。
あまりにも「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」のデータがいいかげんだから、きちんとしたデータに基づいた事実が物事を判断するには必要だと信じる著 者は、そりゃもう執念ともいえる調査をして、内容のいい加減さを論破。
それがもう鉄壁の構えだ。
このひとは真面目だねぇ。きちんとした人だ。
人の書いた本に対してケチを付けるんだから、それなりの調査をしなければならないだろうが、著者のやり方は半端じゃない。
そして「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」のおかしい所を挙げていく。

PETボトルのリサイクルに興味のある方は必読の書。
武田邦彦著「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」洋泉社 も併せて読めば完璧だ。

”環境問題のウソ”のウソ/山本弘,環境問題はなぜウソがまかり通るのかの表紙
    

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

相棒/五十嵐貴久

◆読んだ本◆
・書 名:相棒
・著 者:五十嵐貴久
・出版社:PHP研究所
・定 価:1,500円
・発行日:2008/1/29

◆評価◆
・幕末エンターテイメント度:★★★
・凸凹コンビの珍調査度:★★
・男達の本懐度:★★

◆感想◆
幕末の動乱期、徳川慶喜銃撃事件が発生。幕府の命を受け調査にあたるのは、坂本龍馬と土方歳三!

水と油の坂本龍馬と土方歳三が、犯人探しのためにコンビを組むという設定がユニークだ。 おまけにフケぼろぼろでろくに風呂にも入らぬ龍馬と、きちんとしたたたずまいできれい好きの歳三。方言まるだしの龍馬と紋切り型でベランメェ調の歳三。
なんだか今まで描いていた坂本龍馬と土方歳三のイメージが変わりそう。
二人の掛け合いも漫才のようだし。

物語はこの凸凹コンビが、慶喜を殺そうとした犯人を探し出そうと苦戦する様が描かれる。
ミステリー色は薄く、展開もオーソドックス。
楽しむところは、やっぱり凸凹コンビの掛け合いだ。

最後にはちょっとビックリ+ホロリの後日談もあったりして、著者らしい物語に仕上がっている。

相棒/五十嵐貴久の表紙
 

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

FC2Ad