だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

槐(エンジュ)/月村了衛

◆読んだ本◆
・書名:槐(エンジュ)
・著者:月村了衛
・定価:1,600円
・出版社:光文社
・発行日:2015/3/20

◆おすすめ度◆
・悪漢小説度:★★★★
・中学生が主人公とは思えない暴力ぶり度:★★★★
・荒唐無稽を吹き飛ばす勢いで一気読み度:★★★★

◆感想◆
中学校野外活動部の7人が訪れたさびれたキャンプ場。引率の教諭2人と宿泊設備の清掃をしている時、銃声のような音が聞こえて…

中学生を主人公にした暴力シーンあり、銃撃戦ありの悪漢小説。
半グレ集団やテロリスト、チャイニーズマフィアも登場し、キャンプ場はブルース・ウィリスが出てきてもおかしくないような戦闘状態。

「荒唐無稽な」という感想が出てきそうな設定と内容なのに、それを吹き飛ばす勢いで一気読みさせる怒濤の展開。

月村了衛、驀進中です。

「槐」は白色の蝶形の花がたくさん咲く樹木。花言葉は「幸福」「上品」だそうです。
槐が味方する方は「幸福」でも、敵対する方は「不幸」のどん底のような。
「槐」の蕾を乾燥させたものは止血作用があるそうです。
槐が味方する方には「止血」でも、敵対する方は「流血」のてんこもりのような。

◆関連記事◆
衝撃的な面白さ!月村了衛「槐 エンジュ」/ミステリーならこれを読め!

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

the SIX ザ・シックス/井上夢人

◆読んだ本◆
・書名:the SIX ザ・シックス
・著者:井上夢人
・定価:1,600円
・出版社:集英社
・発行日:2015/3/10

◆おすすめ度◆
・少年向け超能力小説度:★★★
・見方を変えれば苦しいし、見方を変えれば楽しい度:★★★
・しんにゅうの謎度:★★★★★

◆感想◆
超能力ゆえに苦しむ少年や少女を主人公にした連作短編集。
ホラーやミステリーというより、心温まる少年向け超能力小説といった感じ。

大人が読んでも面白いが、主人公たちと同じ年頃の少年が読んだら、10倍面白く感じるかも、なんて思いながら読んでると…
ん、なんかしんにゅう(しんにょう)が変だ。

「道」「過」など普通は三画のしんにゅう「辶」の漢字が、四画のしんにゅう「辶」になっている。
これはもしかするととんでもないメッセージが隠されているのかも!
気づいて以降しんにゅうの漢字にばかり気を取られてなかなかストーリーが頭に入ってこないぞ。
それにしてもしんにゅうの漢字多いぞ。そのほとんどが四画のしんにゅう「辶」なんだけど、いくつかの漢字が三画のしんにゅう「辶」になっている!
全部読み終わってから数えると「辺」「送」など6文字の漢字だけが三画のしんにゅうだ!
書名も「the SIX ザ・シックス」だし、これは意味があるに違いない…

でもいくら考えても意味が分からない。
これはいったいどんなメッセージなんだ?
それともメッセージなんてないのか?

インドクリスタル/篠田節子

◆読んだ本◆
・書名:インドクリスタル
・著者:篠田節子
・定価:2,052円
・出版社:角川書店
・発行日:2014/12/20

◆おすすめ度◆
・インドを舞台にした社会派小説度:★★★★
・様々な対比の構図度:★★★★
・ロサのキャラクターがユニークすぎる度:★★★★★

◆感想◆
高精度の精密機器に使用する人工水晶。その種となる高品質の水晶をインドの村に見いだした山峡ドルジェ社長・藤岡だったが…
インド奥地の村を舞台に、高品質の水晶を入手しようと交渉を重ねるが、なかなか思うように進まない。
そこには価値観や商文化の違いはもとより、インド国内での差別や格差などが深く関わってくる。
どうやって水晶を入手するのか、村人は発掘に協力してくれるのか、敵対勢力の干渉はないのか。
文化や習慣がまるで違うインドの村人たちを相手にしたビジネスの、悪戦苦闘と奮闘ぶりが描かれる社会派小説。

でありながら、この物語のキモとなるのはロサという少女。
現地で出会った彼女の驚異的な能力と、彼女の内面を窺い知ることができない不思議な魅力と暗闇をもつ彼女。

先端産業とインド奥地の手掘りの水晶発掘
巨大資本が支配する世界と、神が支配する村
インド国内での地主と部族の対立

様々な明暗を織り交ぜながら、ロサという少女を通して見る世界は、日本人の藤岡が見る世界とはとてつもなく離れている。
だから藤岡は義足を薦め、ロサはそれを拒否するんだなあ。

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

四次元時計は狂わない 21世紀 文明の逆説/立花隆

◆読んだ本◆
・書名:四次元時計は狂わない 21世紀 文明の逆説
・著者:立花隆
・定価:800円
・出版社:文春新書
・発行日:2014/10/20

◆おすすめ度◆
・知的興奮を誘うエッセイ度:★★★★
・やっぱり先端サイエンスが面白びっくり度:★★★★
・元気そうでよかったよかった度:★★★★

◆感想◆
文芸春秋に掲載されていたエッセイ39話。
東日本大震災関連に関するエッセイを始め、政治や経済、文化や歴史と多岐にわたる著者の考えが知的興奮を誘う。

でも何と言っても興味深いのはサイエンスに関するエッセイ。

探査衛星「ケプラー」が、生命体が存在しそうな惑星を数多く見つけそうだとか、
超高精度の時計は、歩行する程度の速度でも相対論効果による時間の変化が分かっちゃうとか、
人間は将来、食物やエネルギーにみならずあらゆる物質を有機合成できるようになるかもしれないとか。

SFのネタになりそうな話題がてんこもり。
著者の語る先端サイエンスは面白びっくりで飽きない。

それにしてもエッセイを書くにあたり様々なところに出かけて、見て触って実感する取材はエネルギッシュ。
見習わないといけないけど、たぶん知りたいことはグーグルに訊いちゃうんだろうな、たぶん。

出雲大社ほどすごい建造物は日本中のどこにもない、なんて話しを聞くと、すぐに見に行く立花隆。
すぐにYuoTubeでみちゃう自分。

ゴキブリは余計だと思う。

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

土漠の花/月村了衛

◆読んだ本◆
・書名:土漠の花
・著者:月村了衛
・定価:1,600円
・出版社:幻冬舎
・発行日:2014/9/20

◆おすすめ度◆
・単純明快なストーリーに手に汗握る展開度:★★★★
・登場人物の想いに冒険小説の魂を見る描写度:★★★★
・今、月村了衛が熱いぜ度:★★★★★

◆感想◆
ソマリアの国境付近に墜落したヘリの捜索活動にあたっていた陸上自衛隊第一空挺団の精鋭たち。そこに突然助けを求めてやってきた女性は、氏族間抗争で命を狙われている女性だった…

月村了衛、面白い!

武器はおろか食料や通信手段もないなかで、いかに敵から逃げるかという、単純明快なストリーがいいぞ。
迫る敵、土漠の暑さ、仲間内での確執。いろんな問題を抱えながら、様々な工夫とスキルを駆使して戦う様子がスリルとサスペンス。

登場人物達の人物像も熱い。
まるで昔の冒険小説を読んでいるような「魂」を感じる。

機龍警察シリーズをはじめ、時代小説をも手がける月村了衛。
もう書きたいことが山のようにあって、筆が追いつかないようだし、またどれも熱い「魂」を感じる筆致。

今、月村了衛が熱いぜ。

撤退の途中に遭遇する「ハムシン」
こんなかんじなのだろうか。こりゃタマラン!

◆関連記事◆
『土漠の花』(月村了衛)/馬場秀和ブログ

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

荒神/宮部みゆき

◆読んだ本◆
・書名:荒神
・著者:宮部みゆき
・定価:1,800円
・出版社:朝日新聞出版
・発行日:2014/8/30

◆おすすめ度◆
・元禄時代に暴れ出す化け物との戦い度:★★★★
・今までにない破天荒度:★★★★
・宮部版「エイリアン」小説度:★★★★

◆感想◆
村から必死に逃げる蓑吉は、不気味な地響きとものの壊れる重たい音を思い出していた。あれはいったい、何だったのか。夜の闇のなか、突然襲ってきたあれはいったい何物なのか…

得体の知れない未知の化け物との戦いといえば、たいていはそら恐ろしい地球外生命体が登場するバトルSFが定番だが、それを元禄時代の山村を舞台にするという設定が意表をついている。

化け物の産まれてきた因縁を物語の背景にし、それと戦ういわくありげな藩主側近、純朴な村人、正体がいまいちわからない用心棒や絵師などの登場人物の姿がファンタスティック。
しだいに明らかになる化け物の正体がぶっ飛んでいて、エイリアンを凌ぐ暴れん坊ぶりも壮観。

シガニー・ウィーバーみたいな豪腕の女性は登場しないけれど、時代背景を取り込んだ純和風な結末が用意されていて、なんだか今までの著者にない冒険活劇小説のよう。

◆関連記事◆
北の国で描く死生観 新聞連載小説「荒神」 宮部みゆきさん特集/OOK asahi.com:朝日新聞社の書評サイト
宮部みゆきインタビュー 「物語のために」できることすべてを/ライブドアニュース
「荒神(こうじん)」宮部みゆき/雨降りだからミステリでも読もう・・・

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

プロジェクトぴあの/山本弘

◆読んだ本◆
・書名:プロジェクトぴあの
・著者:山本弘
・定価:1,900円
・出版社:PHP研究所
・発行日:2014/9/1

◆おすすめ度◆
・アイドル系ハードSF小説度:★★★★
・ヒロインのぴあのがユニーク過ぎる度:★★★★★
・著者らしいガジェット満載度:★★★★

◆感想◆
人気アイドルグループのメンバーにして、物理学と天文学に天才的な才能を持つ結城ぴあの。彼女の「宇宙への想い」をつづったアイドル系ハードSF小説。

サブカルチャーやアキバ文化、近未来のオタク文化などに加え、ハードSFな仕掛けや記述も満載な著者らしいSF小説。

なんといってもこの物語のキモは、主人公結城ぴあののキャラクター。
アイドルになったのは自分の夢を実現するための手段といってはばからない彼女は、人を愛するという情緒が理解できないばかりか、ヒトとモノに明確な境界線はないと考えるスーパークールな設定。
さらに物理学や天文学に天才的な才能をもち、コンクリートブロックと魚を焼く網のようなものと針金などで核融合実験装置を自分で作って検証しちゃうというマッドサイエンティストぶり。

秋葉原電気街で出会った「男の娘」の貴尾根すばるの視線で描かれる結城ぴあのがとってもユニーク。

様々な困難を乗り越え、結城ぴあのは夢を叶えることができるのか!?
カタルシスのある展開なにのどこかセンチメンタルな雰囲気が漂うのも彼女のキャラクターのせい?

自宅で核融合実験をする人を「フュージョニア」といい、実際に装置を作って成功したティーンエイジャーもいるそうで、マニアの世界は超ディープ。

◆関連記事◆
新刊『プロジェクトぴあの』/山本弘のSF秘密基地BLOG
地球移動作戦/山本弘/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

次のページ

FC2Ad