だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

龍神の雨/道尾秀介

◆読んだ本◆
・書名:龍神の雨
・著者:道尾秀介
・定価:1,600円
・出版社:新潮社
・発行日:2009/5/20

◆おすすめ度◆
・ミステリー&サイコサスペンス度:★★★
・家族と兄弟の絆度:★★★
・出来過ぎた展開度:★★★

◆感想◆
添木田蓮は妹の楓の帰りが遅くなると聞き、あの計画を実行する機会がやってきたと考える。「でも駄目だ、いくら憎いからといって義父を殺すなんて・・・」

今、もっとも勢いのある若手作家の一人、道尾秀介。
本書は直木賞候補にもなった「鬼の跫音」の次に出版された最新作で、2組の兄弟(兄妹)が主人公のミステリー小説だ。

添木田蓮(19歳)と高校生の妹楓の兄妹。
中学生の溝口辰也と弟圭介の兄弟。
どちらの兄弟も両親を事故などでなくし、血のつながっていない親と暮らしている。
親を失った悲しみと、血のつながっていない親との暮らしのなかで兄弟たちに猜疑心が生まれ、それは次第に肥大化して行き・・・

描写や展開もうまいし、人物描写も巧み。
著者の才知にたけた伏線と巧妙なミスリードで、ミステリー小説の面白さを満喫できる。

でもなんか違うんだよね。
破綻のない展開も見事な描写も、まるでミステリー小説の教科書みたいな。
印象が薄いっていうか。
それで全然問題ないんだけど、著者のスタンスは違うような気がする。


0907301643.jpg
手賀沼の藤姫伝説 手賀沼の藤姫伝説(つづき)雲の上の散歩道


千葉県の手賀沼に伝わる藤姫伝説というのが本書でふれられてる。
あの手賀沼にねえ、そんな神話が、と思いつつ調べてみると微妙な違いが。
著者の脚色?


龍神の雨
龍神の雨
おすすめ平均
stars雨は良かったけど、龍が・・・
stars雰囲気には満足しているが・・・
stars後味は割と悪くないです。
starsもう一声!
stars期待はずれの出来栄え。がっかりです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆他サイトの感想◆
棒日記VI
MSN産経ニュース【書評】
一日一読
たちばな屋・ミステリ分科会
ミユウのいろいろ日記

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

カラスの親指/道尾秀介

◆読んだ本◆
・書名:カラスの親指
・著者:道尾秀介
・定価:1,700円
・出版社:講談社
・発行日:2008/7/22

◆おすすめ度◆
・コンゲーム小説の王道度:★★★★
・ちょっと笑えてちょっと泣けてちょっと感心度:★★★★
・ひねった展開/アッとびっくり度:★★★★

◆感想◆
同僚が博打でこさえた借金の保証人になったばかりに、今までの生活も、そして娘までも亡くした武沢。武沢は、ひょんなことで知り合った仲間たちと、その無念をはらそうとするが・・・

落ちぶれた詐欺師が、かつて苦汁をなめさせられた闇金業者を騙くらかそうと画策するコンゲーム小説。
本題に入るまでがやや長いが、ちょっと笑えてちょっと泣けてちょっと感心する内容だ。
はじめは武沢と入川の二人のおっさん詐欺師が主人公だが、そこに少女が加わるあたりから、俄然面白くなる。
かわいい少女の登場、この手の小説の定石だ。
物語の展開も、コンゲーム小説の王道ともいえる流れで、これをどう料理するかが著者の腕の見せ所。
結果は読んでのお楽しみ。

個人的にはもっと「痛快!」な展開が良かったが、一気に読んじゃう面白さは特筆もの!


カラスの親指 by rule of CROW’s thumb
カラスの親指 by rule of CROW’s thumb道尾 秀介

おすすめ平均
stars罪を償うこと
starsミステリーなのか、それとも中年と若者の群像劇なのか
stars父娘もの
stars何かもの足りない
stars期待しすぎたかも・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


コンゲーム小説といえば、たいていのミステリー作家が一度は書いてるんじゃないかというポピュラーなジャンル。
今まで読んだ中で一番面白かったのは、コンゲームとい言葉も知らない頃に読んだ「大誘拐」か。
主役のおばあちゃんがながなが豪快で、とっても面白かった朧な記憶が。
本棚から引っ張り出して奥付を見ると昭和54年発行だ。
うーむ、月日の経つのは速いものよ。記憶も朧になろうってもんだ。
でもそうやって昔のことを忘れていくから、新しい本を新鮮な気持ちで読めるんだろう。
読んだ本の内容をすべて昨日のことのように覚えていたら、ちょっとつまらないかも。
新しい感動の度合いが減ってしまうよな。


◆他サイトの感想◆
ミステリあれやこれや
本屋さんへ行こう!
今週の本棚
粋な提案

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

鬼の跫音/道尾秀介

◆読んだ本◆
・書 名:鬼の跫音
・著 者:道尾秀介
・出版社:角川書店
・定 価:1,400円
・発行日:2009/1/31

◆おすすめ度◆
・落ちの見事なミステリー小説度:★★★
・猟奇的で性的な短編度:★★★
・狂気と正気の狭間度:★★★

◆感想◆
猟奇的な殺人事件や犯罪を主題にした、ミステリー短編小説。

ちょっと狂気っぽい非日常的なところと、展開に性的な要素が関わっているところが印象的。
文章が上手なのかあざといのか、微妙な感じも。

ミステリー小説としての落ちはうまいし、展開もそつがない。
でもあんまり心に残るような物語とはいえないかな。
ちょっとあっちの世界に入っているような人物や展開があり、ホラーっぽくて面白い。
けど、ちょっと下品かな。

自分にはちょと不向きなミステリー小説か。
逆に、たとえば「独白するユニバーサル横メルカトル」が面白かった方にはオススメだ。
うん、なんかちょっと同じようなニオイがする本だ。



恐竜



本書にやや批判的なのは、自分の方に原因がある。
なんだか最近、猟奇的だったりグロテスクだったりする本は、ダメなんである。

若い頃は肉ばっかり食べていたのに、歳を経ると魚が好きになったりと、食に対する嗜好が替わるように、本に対する嗜好も替わるようだ。
そう思うと、音楽も映画も好きなタイプが替わっているような気がする。

なんか草食動物っぽいのが、最近の好みなんである。
女性の好みだけは替わらないような・・・


鬼の跫音/道尾秀介の表紙
 

◆他サイトの感想◆

身勝手な書評たち -書評のブログ-
ミステリ畑
夜思比売の栞

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

FC2Ad