だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

天冥の標VIII ジャイアント・アーク PART1,PART2/小川一水

◆読んだ本◆
・書名:天冥の標VIII ジャイアント・アーク PART1,PART2
・著者:小川一水
・定価:PART1 720円 PART2 740円
・出版社:ハヤカワ文庫
・発行日:PART1 2014/5/25 PART2 2014/12/25

◆おすすめ度◆
・第1巻がよくわかるPART1度:★★★★★
・冒険小説のようなドキドキのPART2度:★★★★★
・これからの予想外の展開を期待しちゃう度:★★★★

◆感想◆
第1巻「メニー・メニー・シープ」で描かれた物語を別角度から再描画するPART1。そしてさらに物語の先を描き始めるPART2。天冥の標もいよいよクライマックス。

アマゾンのレビューに第1巻を再読しておいた方がいいという旨のコメントがあって、それに従い「メニー・メニー・シープ」を読みなおすと超ビックリ。
何がなんだかさっぱりだった第1巻が、それはもう物語のエッセンスの詰まった物語に変貌。
第1巻の内容をよく覚えていない自分にもびっくりだけど、「天冥の標VIII ジャイアント・アーク」を読み終わってみれば、冥王斑パンデミックで始まった物語がとてつもない紆余曲折を経て「救世群」対「未染者」の物語に集約しつつあるようにも見える。

第1巻で描かれた物語に、第2巻から第7巻までの物語を収束させつつ、さらにその先の展開を伺わせる本書。
「なるほどそうか!」と感嘆しつつ「わくわくドキドキ!」しながら読み進めるのも魅力だが、指をふやかして次巻を待つのが「天冥の標」シリーズの最大の楽しみだったりもする。

◆関連記事◆
よくわかる!?「天冥の標VII」の世界。(ネタバレ注意です)
よくわかる!?「天冥の標VIII」の世界。(ネタバレ注意です)

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

天冥の標VII 新世界ハーブC/小川一水

◆読んだ本◆
・書名:天冥の標VII 新世界ハーブC
・著者:小川一水
・定価:760円
・出版社:ハヤカワ文庫
・発行日:2013/12/25

◆おすすめ度◆
・サバイバルSF小説度:★★★★
・ダイナミックで身震いする展開度:★★★★
・どうなる?どうなる!度:★★★★★

◆感想◆
小惑星セレスに墜落した恒星船ジニ号。アイネイア・セアキとミゲラ・マーガス、およびその他の乗員たちはどうなるのか…

という前作「天冥の標 VI 宿怨 PART3」のどうなる?どうなる!な結末を引き継ぐ形で物語は展開。

「天冥の標 VI 宿怨 PART1」でも登場した少年少女たちを主人公にして、《救世群》の侵攻はどこまで進んでいるのか、太陽系艦隊をはじめとした人類の行く末は、といった背景のなか、小惑星セレスという閉ざされた空間でのサバイバルが描写される。

「新世界ハーブC」や「メニー・メニー・シープ」のいわれはそうゆうことだったのか!といった細かなジグソーパズルのピースがピタピタとはまり込んでいくような面白さ。
本書を途中まで読んで「8、9巻はいらないんじゃないか?」という安易な予断を許さないダイナミックな興奮する展開。
収束するであろう「天冥の標 I メニー・メニー・シープ」を第1巻に配置した身震いするような構成。

早く次が読みたいという気持ちと、10巻で終わりなんて許せないという気持ちで揺れる男心。
自分が死ぬ間際に完結するよう100巻ぐらいの大長編にしてほしいところです。

絶体絶命の危機の中、雲の糸のように垂らされた生命線はいったいどこから来たのかは次巻に続くです。

◆関連記事◆
天冥の標 シリーズ/愛書家の縁側
天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫 JA オ 6-21) by 小川一水/基本読書
天冥の標1 メニー・メニー・シープ/小川一水/サイト内
天冥の標2 救世群/小川一水/サイト内
天冥の標3 アウレーリア一統/小川一水/サイト内
天冥の標4 機械じかけの子息たち/小川一水/サイト内
天冥の標5 羊と猿と百掬の銀河/小川一水/サイト内
天冥の標6 宿怨 PART1,2,3/小川一水/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

天冥の標6 宿怨 PART1,2,3/小川一水

◆読んだ本◆
・書名:天冥の標6 宿怨 PART1,2,3
・著者:小川一水
・定価:PART1.720円 PART2.760円 PART3.880円
・出版社:ハヤカワ文庫JA
・発行日:PART1.2012/5/15 PART2.2012/8/25 PART3.2013/1/25

◆おすすめ度◆
・完結までは死ねない超絶面白SF小説度:★★★★★
・ミクロでドラマチック、マクロで希有壮大度:★★★★★
・嗚呼、こんなことに!/これからどうなる?度:★★★★★
・ラリー車の助手席に乗ってる気分度:★★★★★

◆感想◆
人工宇宙島スカイシー3で遭難した《救世群》の少女イリサは、《非染者》のアイネイアに助けられるが…

待ちに待った天冥の標6 宿怨のPART1〜3。
待ったかいがあったの怒濤の展開。

《救世群》の少女イリサと、《非染者》の少年アイネイアのちょっとスリリングでほんわかしたボーイ・ミーツ・ガールな物語だと思いきや、そこに今まで登場してきた《恋人たち》《咀嚼者》《酸素いらず》などの役者をそろえ、 《MHD社》《ロイズ非分極保険社団》《ドロテア・ワット》《シェパード号》などの大道具を配置し、《カルミアン》《ノルルスカイン》《ミスチフ》といった壮大な舞台背景を設定した、完結までは死ねない超絶面白SF小説に。

もう読み出したら止まりません。
ミクロ(ローカルな人間ドラマ)な展開と、マクロ(壮大な知性の戦い)な展開があいまって、そりゃもう大騒ぎ。
必至にしがみついていないとはじき飛ばされる勢いです。

それにしても「嗚呼、こんなことに!」な《救世群》
ある意味必然な展開なんだろうなあ。

役者がほぼ出そろった感のある天冥の標6 宿怨。
シリーズの全体像が見えてきた感じもしますが、それにもまして「これからどうなる」感でいっぱいです。

ちょっとでもSFに興味のある方には強力おすすめ。
続刊を待ちこがれる思いで、身もだえること必至。

壮大な長編小説を大河小説といったりするが、宇宙規模の歴史や時空間をあつかった長編小説は何と呼ぶんだろうか。

大海小説?
大宇小説?

やっぱりSF小説?

◆関連記事◆
天冥の標(6) 宿怨 PART1/小川一水/booklines.net
天冥の標(6) 宿怨 PART2/小川一水/booklines.net
小川一水「天冥の標6 宿怨 PART1」/phantasmagoria
さようなら、みんな『天冥の標 6 宿怨 PART3』:小川一水/基本読書
標、ついに見ゆ - 中途書評 - 天冥の標 I-VI/404 Blog Not Found
天冥の標1 メニー・メニー・シープ/小川一水/サイト内
天冥の標2 救世群/小川一水/サイト内
天冥の標3 アウレーリア一統/小川一水/サイト内
天冥の標4 機械じかけの子息たち/小川一水/サイト内
天冥の標5 羊と猿と百掬の銀河/小川一水/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

天冥の標5 羊と猿と百掬の銀河/小川一水

◆読んだ本◆
・書名:天冥の標5 羊と猿と百掬の銀河
・著者:小川一水
・定価:760円
・出版社:ハヤカワ文庫
・発行日:2011/11/25

◆おすすめ度◆
・ハードSF小説度:★★★★
・《展開体》のナゾが明らかに度:★★★★★
・繋がる物語/深まる展開/壮大なドラマ度:★★★★★

◆感想◆
西暦2349年、小惑星パラスで農業を営むタックは、古くなった環境制御装置や家出癖のある一人娘に手を焼きながらも、何とか生計を維持していたが…

お待ちかねの天冥の標シリーズ第5巻。
お待ちかねのしがいのある面白さだ。

農家のタックとその娘・ザリーカの親娘を主役に、農作業の辛さや希望、親娘の葛藤や煩悶を描いたりしたかと思えば、地球からやってきた農学者アニーとの出会いを機に、物語が宇宙規模に膨らんでいく。
ダイナミックだ。

さらに断章として描かれるのは、今まではっきりとした描写がなかった《展開体》について。
ひとつの「種」の半生を見るように面白興味深いぞ。
さらにさらには、断章として描かれていた《展開体》の物語が、表の物語を侵食するように侵して行く。

おおおっ、面白いぞ!
農家のタックの物語と、人類の物語と、宇宙規模の物語が重層する構成。
お見事。あっぱれ。シリーズ後半に超期待。
大河小説の折り返し地点にふさわしい出来だ。

天冥の標Ⅴ: 羊と猿と百掬(ひゃっきく)の銀河 (ハヤカワ文庫JA)

小川 一水 早川書房 2011-11-25
売り上げランキング : 259
by ヨメレバ

読んでいるとき「六本足のサル」とか「羊の脳症」とかのフレーズに出会うと、脳味噌の奥の方で「ビビビビッ」と反応するんだけれど、でもそれはどの物語のどんなシーンだったかという記憶は蘇らなくって、せっかく面白く感じる所を面白がれないんである。
絶対損してる。
口内炎のせいでおいしい料理を堪能できないみたいな。

シリーズの最終巻を読む前には、シリーズのはじめから読み直して面白がってやるっ。
その頃にはシリーズ前半の記憶なんか銀河の彼方だから、初めて読むみたいに面白いはずだ。

◆関連記事◆
天冥の標Ⅴ: 羊と猿と百掬(ひゃっきく)の銀河/基本読書
標、未だ見えず - 中途書評 - 天冥の標 I-V/404 Blog Not Found
天冥5巻面白かった!/怪しい日記・新型
天冥の標1 メニー・メニー・シープ/小川一水/サイト内
天冥の標2 救世群/小川一水/サイト内
天冥の標3 アウレーリア一統/小川一水/サイト内
天冥の標4 機械じかけの子息たち/小川一水/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

天冥の標4 機械じかけの子息たち/小川一水

◆読んだ本◆
・書名:天冥の標4 機械じかけの子息たち
・著者:小川一水
・定価:860円
・出版社:ハヤカワ文庫
・発行日:2011/5/25

◆おすすめ度◆
・エロチックSF小説度:★★★★
・《恋人たち》とは何者か?度:★★★★
・少年の飽くなきエロスと混爾と不宥順度:★★★

◆感想◆
少年が目覚めたとき、そこには裸の少女がいた。彼の身体を検査しながらも、少年の性的な欲求に喜んで答えてくれる少女。いったい彼女は何のもなのか。そして少年は・・・

天冥の標シリーズ第4巻は《恋人たち》を主役にしたエロチックSF小説。
《恋人たち》が棲みサービスを提供する軌道娼界《ハニカム》が舞台。
天冥の標〈1〉―メニー・メニー・シープでも登場した《恋人たち》は、いったいどんな存在で何を考えどう生きているのかがメインテーマなんだけど、物語の半分はエロ小説みないな。

ただそれだけでは終わらせない仕掛けが随所にちりばめられ、《救世群》と《恋人たち》の関係性や、ひいては《酸素いらず》との関わりにもつながる展開に。

シリーズ物なのに各巻違ったテーマで物語を綴っていく著者のやる気に敬服。
単独の読み物としての楽しめるし、シリーズ物としての面白さも兼ね備えている。

惜しむらくは自分の記憶力。
過去のシリーズをよーく覚えていれば「ははぁ、こうなる訳ね」とか「おお、こうつながってくるのか」なんて驚きもひとしおのはず。
やっぱり面白いシリーズ物は、一気に読むのがストレスフリー。

天冥の標Ⅳ: 機械じかけの子息たち (ハヤカワ文庫JA)

小川 一水 早川書房 2011-05-20
売り上げランキング : 179
by ヨメレバ

本書を読みながら登場人物相関図をメモり、あらすじを書き付ける。
これで2001年秋に刊行予定の「天冥の標5 羊と猿と百掬の銀河」対応は万全だぁ!

◆過去の関連記事◆
天冥の標1 メニー・メニー・シープ
天冥の標2 救世群
天冥の標3 アウレーリア一統

◆他サイトの感想◆
phantasmagoria
404 Blog Not Found

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

青い星まで飛んでいけ/小川一水

◆読んだ本◆
・書名:青い星まで飛んでいけ
・著者:小川一水
・定価:740円
・出版社:ハヤカワ文庫
・発行日:2011/3/15

◆おすすめ度◆
・SF小説度:★★
・がんばり屋さんな女性たち度:★★
・天冥の標が待ち遠しい方へ度:★★

◆感想◆
老ヴォールの惑星」("漂った男"は傑作!)や「妙なる技の乙女たち」テイストのSF短編集。
解説にはクラークとの類似性や「万物理論」との比較やらで解題されているけど、それほど大げさな感じはないような。
それよりなぜか小川一水の短編には「がんばり屋さんな女性」というイメージがついてくるのは「妙なる技の乙女たち」のイメージが強いからか。

本書もなんかそんな感じ。(どんな感じ!?)

天冥の標」の続編はまだかいな、と文庫の棚を確認するのが習慣になって、ふと目にとまった本書だけれど、「天冥の標」の面白さにはちょっとおよばないか。
でも本書の帯に「天冥の標4 機械仕掛けの子供たち(仮)2011年初夏刊行」の情報もあったりして、ま、いいか、みたいな納得の仕方です。
すいません。

青い星まで飛んでいけ (ハヤカワ文庫JA)

小川一水 早川書房 2011-03-10
売り上げランキング : 1089
by ヨメレバ

続く余震や予断できない原発事故などで、小説の世界なんかにかまってられない現実世界。
そでも夢中になれる本ががあれば、よっぽどステキな物語なんだと思うなあ。

◆他サイトの感想◆
phantasmagoria
booklines.net
ブックレビューBlog

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

天冥の標3 アウレーリア一統/小川一水

◆読んだ本◆
・書名:天冥の標3 アウレーリア一統
・著者:小川一水
・定価:880円
・出版社:ハヤカワ文庫
・発行日:2010/7/15

◆おすすめ度◆
・宇宙活劇小説度:★★★★
・木星で発見された遺跡の正体は?度:★★★
・《酸素いらず》と《救世群》と《被展開体》の関係度:★★★

◆感想◆
木星の巨大赤斑の中心にある古代遺跡「ドロテア・ワット」。調査隊は、それが巨大なエネルギー炉であることを発見するが・・・

メニー・メニー・シープ」「救世群」に続く天冥の標シリーズ第3巻。
木星で発見された巨大エネルギー炉を起点にして、宇宙の平和を海賊から守ることを使命とする《酸素いらず》や、虐げられた民である冥王班患者群の《救世群》や、人知れずネットワーク社会に入り込んで行く《被展開体》が物語の主役。

《酸素いらず》対海賊のスペースオペラな展開と、巨大エネルギー炉「ドロテア・ワット」はいったい何のために?なところが読みどころ。

なんかちょっと物足りないような。
前作が面白かったから、欲が出ちゃうんだな)
宇宙戦艦のドンパチも、迫力がいまいち?
(美少年艦長のアダムスの設定も引いてしまうし)
全体の展開もぎこちない?
(「メニー・メニー・シープ」に繋がる展開が見えてきたりして、それはそれで面白い)

これはやっぱり、全巻揃った所で一気に読破するのが正解かも。
物語の吸引力に身を任せて、ジェットコースターに乗ってるみたいに読むのがいいなあ。
ブツ切れに読むと、前作の内容や登場人物を思い出すのも大変だし。
(それは読み手の記憶力の問題だ。悲しいっ)




《酸素いらず》って宇宙戦艦ヤマトに登場するガミラス人みたい。
真空の宇宙でたなびくマントみたいな。

天冥の標 3 アウレーリア一統 (ハヤカワ文庫 JA)
天冥の標 3 アウレーリア一統 (ハヤカワ文庫 JA)小川 一水

おすすめ平均
starsもちろん言うまでもなく本巻も傑作
stars次巻が楽しみ
stars人類は宇宙に進出する
stars同じ亜種でありながらも違う境遇

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆関連記事◆
天冥の標(3) アウレーリア一統 / 小川一水/booklines.net
『天冥の標 3 アウレーリア一統』(小川一水)/ブックレビューBlog
天冥の標(3)アウレーリア一統/小川一水/猫は勘定にいれません
天冥の標 3 アウレーリア一統/小川一水/基本読書宇宙の戦闘:『天冥の標III アウレーリア一統』より、エスレル号vs海賊船/銅大 さんのブログ
天冥の標シリーズ/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

次のページ

FC2Ad