だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

化身/宮ノ川顕

◆読んだ本◆
・書名:化身
・著者:宮ノ川顕
・定価:1,500円
・出版社:角川書店
・発行日:2009/10/31

◆おすすめ度◆
・ホラー短編集度:★★★
・表題作「化身」が秀逸度:★★★★
・そこはかとない恐怖/忍び寄る恐れ度:★★★

◆感想◆
休暇をとって南の国で過ごそうとして男は、軽い気持ちで入った密林にあった池に落ちてしまう。周囲を滑らかな壁に囲まれた「壷」のような池は、とうてい脱出できそうになかった・・・

表題作「化身」は密林の中の池に落ちた男の物語。
これはなかなか良くできているホラーだ。
池の中央にある三畳ほどの浮き島がかろうじて男の安らぎの場所となるが、ツルツルの壁に囲まれた池からは逃げられない。
男の運命はどうなるっ! という展開だ。

小川一水の「漂った男」(これは面白かった!)を思い出す設定で、孤独な環境の中で一種哲学的な思索をしながらも、どこか楽天的な男の思考が面白い。
舞台設定の妙と、予断を許さない展開がうまい!


この「化身」以外に「雷魚」「幸せという名のインコ」の二編があるが、これもそこはかとなく恐くなる小説。
飛び抜けてスゴい訳じゃないが、新人らしからぬできばえ。


化身
化身宮ノ川 顕

おすすめ平均
stars安易
stars化身:なにかが足らないが稀有な作品
starsホラーというより純文学?
stars他人の不幸を喜ぶ人間の本質的心理をくすぐる傑作。
starsジンクスを打破した豊かな才能

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


都会のギスギスした人間関係に中にいると、「化身」に登場する男のようにどっかで一人のんびりしたいと思うかもしれないが、本当に一人になっちゃうと困ってしまう。
池のかなで悪戦苦闘する男はなんとか生きようと、脱出しようとするけど、池から脱出したらしたでまたギスギスした人間関係の中に戻ることになる。

いったいどうすればいいんだ? みたいな。

「池の中で一人」という設定は、狂気に大接近だけど、「化身」の印象は以外と明るい。
著者の人となりが現れているのか。



テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

FC2Ad