だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

パチプロ・コード/伽古屋圭市

◆読んだ本◆
・書名:パチプロ・コード
・著者:伽古屋圭市
・定価:1,400円
・出版社:宝島社
・発行日:2010/2/19

◆おすすめ度◆
・コメディタッチのミステリー小説度:★★★★
・パチンコ裏業界の犯罪度:★★★★
・巻き込まれ型コンゲーム度:★★★★

◆感想◆
会社を首になりパチプロとして生活している山岸は、パチンコ屋で隣に座った美女からボロい儲け話しを持ちかけられて・・・

題名からしてコミカルな印象のパチンコミステリー(パチンコミステリー!)小説。
これがなかなか面白い。

美女の儲け話しを疑いつつも、細工されたパチンコ台で大もうけする山岸。しかしちょっと調べると濃厚な怪しい気配が。
美女とは縁を切ろうとするが、なんだかんだでドンドン事件に巻き込まれていくという展開。

パチンコ裏業界の住人とその仲間?2人(ぼろ儲け美女と暗めの頬傷男)を脇役に、暗号トリックやパチンコ業界裏話などを混ぜつつ、パチプロ山岸が悪戦苦闘する。

登場人物もうまく描けてるし、美女と山岸のコミカルな駆け引きも愉快だし、裏業界の話しも面白いし、癖のない文章はとても読みやすい。
これで新人?と思わせる達筆ぶりだ。
おまけに著者はパチプロというアウトローぶりも愉快。

どっかのテレビ局が絶対ドラマ化するようなコンゲーム小説だ。

パチプロ・コード
パチプロ・コード伽古屋 圭市

おすすめ平均
starsパチンコにまつわる裏の話というよりも

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
bk1で詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る

一気に読んでしまった本書は「このミステリーがすごい!」大賞の第8回優秀賞受賞作。
ちなみに大賞を受賞した「トギオ」もチラッと読んでみたんだけど、こっちはいまいち面白くない。自分には苦手な「粘膜蜥蜴」とか「独白するユニバーサル横メルカトル」系のヘンテコ小説だ。

優秀賞より大賞の方がエラいんだけど(何たって優秀賞は賞金200万円だけど大賞は1,200まんえん!)、自分には優秀賞のほうが俄然面白いとはこれいかに。

◆関連記事◆
パチプロ・コード 伽古屋圭市棒日記VII
(書評)パチプロ・コード/新・たこの感想文
【本】パチプロ・コード(伽古屋圭市)/映画細胞~CinemaCell

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

FC2Ad