だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

ブラック・アゲート/上田早夕里

◆読んだ本◆
・書名:ブラック・アゲート
・著者:上田早夕里
・定価:1,700円
・出版社:光文社
・発行日:2012/2/20

◆おすすめ度◆
・ハラハラバイオサスペンス小説度:★★★★
・ドキドキスリリング冒険小説度:★★★
・近未来パニックSF小説度:★★★

◆感想◆
人間に寄生し増殖するアゲート蜂により恐慌状態の日本を描いた、近未来バイオサスペンス小説。

上田早夕里というと「華竜の宮」や「魚舟・獣舟」がすこぶる評判がいいものの、いまいち趣味が合わないというかそりが合わないというか。
書店で本書を見かけた時もスルーしようかと思ったのだが、帯の「怖いうえに面白い! マイクル・クライトンに匹敵する迫真の理系冒険活劇」のコピーが。

上田早夕里がマイクル・クライトンに匹敵?、似合わないなあと思いつつもコピーにほだされて購入。
マイクル・クライトンばりな題材や展開は自分の好むところだけれども、読んでみると、やっぱりちょっと残念な感じに。
人物や内容が薄いし、展開も都合良すぎ。
エピローグの後を読んでみたいし。

なんて不満ブツブツな感想だけれど、出だしのロケットスタートな勢いで最後まで一気に読まされてしまいました。
不満は欲張りな読者の愚痴っていうことで、逆に言えば「面白かった」ということです。
登場人物を完全な「悪」にしないのは、著者の優しいところですね。

アゲート蜂に似ている実在する蜂は「ヤマジガバチ」だそう。
写真を見るとウエストが超細くていかにも戦闘向きだ。
こんなのがうじゃうじゃ出てきたらホラーだ。

ブラック・アゲート

上田 早夕里 光文社 2012-02-18
売り上げランキング : 22366
by ヨメレバ

◆関連記事◆
読書記「ブラック・アゲート」/気がつけば82歳
『ブラック・アゲート』(上田早夕里)/馬場秀和ブログ
華竜の宮 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)/アマゾン
魚舟・獣舟/上田早夕里/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

魚舟・獣舟/上田早夕里

◆読んだ本◆
・書名:魚舟・獣舟
・著者:上田早夕里
・定価:590円
・出版社:光文社文庫
・発行日:2009/1/20

◆おすすめ度◆
・ダークSF短編集度:★★
・濃密で凝縮されたSFのエッセンス度:★★★
・暗いトーンに揺さぶられる魂度:★★

◆感想◆
全体的に暗いトーンのSF短編集。
SFが読みたい 2010年度版」で4位だし、帯には「年間ベスト級」「傑作」「日本SF史上屈指の力技」「骨太の世界設定」「感情あふれるドラマ」などの言葉が乱れ飛び、読む前に期待が膨らむ一冊なんである。

実際読んでみると、なかなか物語の設定は凝っているし内容や展開もハード。
中編や長編にしてもいけそうな物語を、短編に凝縮しているような印象。
だがそのエッセンスが暗いなあ。
それゆえ読者の心を揺さぶるような力を生み出しているけど、間違えても読んで楽しくなるタイプの小説ではない。

中でも本書の約半分の量を占める中編「小鳥の墓」が、「時計仕掛けのオレンジ」風な社会を舞台にしていて興味をそそられる。
主人公のこれからがもっと読みたくなる展開だ。


photo
魚舟・獣舟 (光文社文庫)
光文社 2009-01-08
売り上げランキング : 86277
おすすめ平均 star
star短編集
starもっと、日の目を見せてあげたい作品。
starかなりのレベルのSF短編集
starとても良い
starこれを読んで「火星のダーク・バラード」がすごく気になってきました。

火星ダーク・バラード (ハルキ文庫) ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション) あなたのための物語 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション) NOVA 1---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫 お 20-1 書き下ろし日本SFコレクション) 美月の残香 (光文社文庫)

by G-Tools , 2010/04/07

bk1で「魚舟・獣舟」を詳しく見る
楽天ブックスで「魚舟・獣舟」を詳しく見る

「小鳥の墓」は「火星ダーク・バラード」にリンクした物語りだそう。
これを読めば「小鳥の墓」の主人公が、どんな心の暗黒面をしているのか分かりそうな感じだ。「火星ダーク・バラード」、読みたくなるなあ。

って実は昔、「火星ダーク・バラード」を読んでるんだけど、ちっとも覚えていないんである。
これはひょっとすると、幸せなことなのか?

◆関連記事◆
『魚舟・獣舟』上田早夕里/Lエルトセヴン7 第2ステージ
『魚舟・獣舟』/ほとんど積読(たまに読む)日記
上田早夕里『魚舟・獣舟』/本読みの憂鬱
上田早夕里:魚舟・獣舟/読書記録, et.al
魚舟・獣舟/基本読書

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

FC2Ad