だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

平成マシンガンズ/三並夏

◆読んだ本◆
・書 名:平成マシンガンズ
・著 者:三並夏
・出版社:河出書房新社
・定 価:1,000円
・発行日:2005/11/30

◆評価◆
・中1女子の私小説度:★★★
・鋭く純で敏感な感性度:★★
・若い=悩むということ度:★★

◆感想◆
中学1年の朋美。自分をさらけ出さない朋美は、友人とのささいな行き違いでクラス全員から迫害され、家では父親の恋人との間に軋轢を抱える。居場所が無くなった朋美は…

別居している母親、同居しているがあまりにも寡黙な父親、馴染めない父親の恋人、学校での級友との関係。
一種独特の文章が、朋美の焦燥感をあぶり出すよう。

若いということはいろいろ悩んだり考え込んだり傷付いたりするものだけど、そのとらえ方と表現が、つまらない日記みたいになっていないところがスゴイ。
とても中学三年生が書いたものと思えないよなあ。
自分なんて作文も苦手だったし、原稿用紙1枚書くのに四苦八苦していたような記憶が。

文芸賞受賞選評では、「死神のエピソードが秀逸」とか「流麗なる文章」とかの褒め言葉があるが、それらの評はさておき、これは現代版私小説にほかならない。
自分をちぎり捨てるような苦しみを表わす私小説が、今や形を変えて少女により描かれる。

人間はどんどん早熟になってるんだなあ。

平成マシンガンズ/三並夏の表紙
 

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

FC2Ad