だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ /三上延

◆読んだ本◆
・書名:ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~
・著者:三上延
・定価:570円
・出版社:メディアワークス文庫
・発行日:2014/1/24

◆おすすめ度◆
・古書にまつわるミステリー小説度:★★★
・栞子と大輔の関係はいかに!度:★★★★
・全然気づかなかったトリック度:★★★★

◆感想◆
やたらと本に詳しいわりに、接客にはまるで不向きな美人の古書店店長・栞子。そんな彼女に告白した無骨な青年店員・大輔。二人の関係はいかに! そして栞子の母・智恵子はどのように物語に関わってくるのか…

という「ブリア古書堂の事件手帖」シリーズの第5巻。
「彷書月刊」「ブラック・ジャック」「われに五月を」などの古書にまつわる謎を解き明かしていきながら、栞子と大輔の恋の行方が描かれる。
相変わらず古書の蘊蓄はマニアックだし、栞子の推理も光ってる。

「知識」の奈落にはまっている智恵子という「モンスター」が、なんだかとってもおどろおどろしい印象で「あんまりリアリティないなぁ」なんて思っているときに、テレビで荒俣宏を発見。
やっぱリアリティあるんだな、と思いを替えた次第です。

エピローグの栞子と大輔のシーンは、前作の「ライトノベルなノリ」同様、なんだかとってもいい感じで胸キュンです。

プロローグを読み違えた読者が、アマゾンのレビューを読んで目から鱗のトリックに「やられた!」と関心しているようだけど、プロローグを読み違えるどころかなーんにも気づかなかった自分はいったい…
「4巻のカバー」にも同じようなトリックがあるらしいが、カバーをろくに見もしない自分はいったい…

◆関連記事◆
『ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~』 三上延 > 「このミス」完全読破 No.718/朴念仁と居候
シリーズ累計550万部突破! メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖』最新第5巻発売!/PR TIMES
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~/三上延/サイト内
ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~/三上延/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~/三上延

◆読んだ本◆
・書名:ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~
・著者:三上延
・定価:570円
・出版社:メディアワークス文庫
・発行日:2013/2/22

◆おすすめ度◆
・お題は江戸川乱歩なミステリー小説度:★★★★
・ついにお母さん登場度:★★★
・栞子と大輔の関係に進展はあるのか度:★★★

◆感想◆
江戸川乱歩の膨大なコレクションと引き換えに、古い金庫をあけて欲しいという依頼が舞い込む。栞子と大輔は金庫をあけようと、謎めいた依頼主に聞き取りを始めるが…

だんだんシリーズ全体の流れが分かってきて、今回はついに栞子さんのお母さんも登場して、しだいに物語が収束する分「これからどうなる?」な興味も薄れていくようで、ちょっと寂しい。
お題の「江戸川乱歩」の古書にまつわる蘊蓄も、なんだかいつものキレがないような。

期待が大き過ぎたというか欲張り過ぎというか、困ったもんです。

それでも読み始めれば一気だし、ひねりの効いた仕掛けもちゃんとあるし、どうやらこのシリーズもそろそろ後半だということで、シリージ完結までは続編が待ち遠しい毎日なのです。

お母さんのマニアな問いに答える栞子の台詞が、本書の一番の読みどころだったりして、「ライトノベルなノリ、悪くないぞ」なんて思ったり。

「剛力彩芽もいいけれど、夏帆の方が原作のイメージに合ってる」に一票。

◆関連記事◆
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~/三上延/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~/三上延

◆読んだ本◆
・書名:ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~
・著者:三上延
・定価:550円
・出版社:メディアワークス文庫
・発行日:2012/6/23

◆おすすめ度◆
・古書にまつわる連作短編ミステリー小説度:★★★
・古書店の母娘にまつわるミステリー小説度:★★★★
・栞子さんのキャラ萌え度:★★★

◆感想◆
大人気ビブリア古書堂の事件手帖シリーズの第3弾。
古書店の店主・栞子さんとアルバイト店員の大輔が、お客さんが持ち込んでくる古書にまつわる謎を解き明かして行くという連作短編ミステリー小説。

「ベストセラーは読む気が起きないなあ」なんて敬遠していたのに、未読本がが途切れた際に手に取って、思わず1,2巻を一気に読んでしまった面白シリーズ。
でもなんだか3巻目は中休みな感じ。

1,2巻と同じく、喪失したり盗まれたりした古書の謎を、超人見知りの恥ずかしがり屋にして黒髪の美人である栞子さんが、ササッと解き明かしていき、さらには登場人物たちの心のわだかまりまで解消させてしまうという展開。
並行して栞子さんと母親との間の確執も描写され、そっちの謎はこれからどうなるの?といった具合。

謎解きの妙、栞子さんのキャラ、古書店業界の内容などが本シリーズの読みどころなんだけど、俎上にあげられる実在の古書もとっても興味深い。
本書では「たんぽぽ娘」や「春と修羅」が取り上げられていて、特に栞子さんが説明してくれる「たんぽぽ娘」は読んでみたくなること請け合い。

このシリーズは、古本フリーク,古書マニアな小説でもあるなあ。

絶版で入手困難な「たんぽぽ娘
河出書房新社の奇想コレクションから発売が予定されているようだけど、首が伸びっぱなしの人が沢山いるよう。 もう原文で読むしかない?

◆関連記事◆
ビブリア古書堂の事件手帖 3 ~栞子さんと消えない絆~/reading archives

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

FC2Ad