だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

デーモン/ダニエル・スアレース

◆読んだ本◆
・書名:デーモン
・著者:ダニエル・スアレース
・定価:上819円 下819円
・出版社:講談社文庫
・発行日:2011/8/12

◆おすすめ度◆
・拡張現実なITサスペンス小説度:★★★★★
・戦闘タイプのMMORPGぐらいバタバタ死んでく度:★★★
・「なんだよ、もう」/あとがきで「もうったら!」度:★★

◆感想◆
天才的なコンピューターゲームの開発者が夭折する。それに合わせたかのように起きる殺人事件。地元警察、さらにFBIまでもが捜査に乗り出す中、とんでもない事件が勃発する・・・

コンピューターゲームが現実世界に侵出したかのような、サスペンスでアクションでITな小説。
天才的ゲーム開発者が作った「デーモン」と呼ばれるソフトが、目的実行のためにあらゆる資源(ネットワークで接続されているあらゆるモノ、人間)を使って、暴力的に、狡猾に、無感情に動き出す。
デーモンというソフトが、まるでネットワークを自分の身体のように自由自在に使いながら、人間相手に戦闘的なアクションを起こす。
それはもう、コンピューターゲームの世界が現実の世界に拡張されたようなイメージ。

デーモンの意図は?
どうやって自動殺戮マシーンは作られ、操作されている?
CIAやDIA、DARPAの情報研究機関をも手玉に取るデーモンの仕組みは?
個人情報を易々とハッキングし、有益な人材をオルグる方法とは?

ITやネットワークやゲーム用語が満載で、マニアは泣いて喜びそう。
デーモンがネットワークを使って世界を支配していく展開も臨場感がある。
アクションゲームさながらの過激な戦闘シーンもハラハラドキドキ。
ラストのアクションシーンは、まるで映画を見ているような盛り上がりだ。


残りページもがわずかになって、どうやって大風呂敷をたたむんだ? デーモンの目的とかがハッキリしてハッピーエンドになるのか? なんてことを心配しながら読んでたら「なんだよ、もう」な残念な結末に。
ちっとも大団円を迎えないじゃん、チェッ! とかいいながら訳者あとがきを読むと「本書の続編「Freedom」で、予想外の展開が読者を待っている」だって。
続編があるならそう言ってくれよ、もうったら!

もうすでに始まっている拡張現実のテクニックや、ネットワークを利用したハッキング技術、あまりにもリアルなMMORPG(多人数同時参加型オンラインRPG)なんかを目にすると、本書の世界がリアルに思えてくる。
ITコンサルタントやシステム開発者として活躍している、著者ならではの迫真の描写だ。

ヘッドアップディスプレイを装着した人がオレのことを見ると、年齢や性別、社会的地位や趣味なんかがポップアップされて、さらに「ちょっとのんびりした人かも」なんていう人物評価な口コミ?まで分っちゃう時代が目前?

◆関連記事◆
「デーモン」/SILENCE SPEAKS
デーモン (ソフトウェア)/ウィキペディア

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

FC2Ad