だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

脱出記/スラヴォミール・ラウイッツ

◆読んだ本◆
・書 名:脱出記
・著 者:スラヴォミール・ラウイッツ
・出版社:ソニー・マガジンズ
・定 価:2,200円
・発行日:2005/9/10

◆評価◆
・シベリア収容所からの脱走記度:★★★★
・信じられない過酷な行程度:★★★★★
・極限のサバイバル度:★★★★

◆感想◆
1941年、ポーランド軍に所属していた著者は、ソ連軍にスパイ容疑で逮捕されシベリア送りとなる。シベリアで25年の刑に服することに耐えられないと考えた彼は、仲間6人と脱走をはかる…

ソ連軍による拷問まがいの尋問と冤罪。
シベリアまでの過酷な列車行。
戦時中の道理がまるで通らない理不尽で不条理な裁判や連行過程に、戦争の精神的側面を見たのもつかの間、シベリアからインドまで脱走をはかるというその行程が、すごい。

収容所で工面したわずかの食料と衣類だけで、酷寒のシベリアを脱出したかとおもえば、食料や水の貯えもなく徒歩でのゴビ砂漠縦断。その次に待ち受けるのはヒマラヤ超え。
酷寒、酷暑、脱水、飢餓、拷問、絶望、死。
人生おけるすべての苦しみを味わい尽くすような壮絶な脱出/サバイバル行は、とてもノンフィクションとして捉えきれない、想像を絶するものがある。
よくも生きながらえたものよ。
著者の精神力のすごさに感嘆する。

泣けるのは、途中から仲間に加わるクリスチーナ。
その健気でいながら芯の強さを伺わせる姿が、なんともいえない。

戦争により多くの人の人生がとんでもなくねじ曲ってしまったが、それを個人のリアルな視点で見せられると、平々凡々たる自分の人生がしあわせ&ちんけに思える。

脱出記/スラヴォミール・ラウイッツの表紙
 

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

FC2Ad